本文へ移動

東大和市

東大和市内の施設情報

郷土博物館

郷土博物館の最新情報

プラネタリウム観覧券は当日午前9時から発売します。
館内の券売機で、ご覧になる投影回の観覧券をお求めください。定員に達し次第、販売を終了します。
プラネタリウムは座席数を減らして投影しています。
12月5日(日曜日)まで、秋のプラネタリウム番組を投影しています。3種類の番組でお待ちしています。
・一般番組「プラネタリウムでチコちゃんに叱られる! チコとキョエの宇宙大冒険!無知との遭遇」は夏番組から引き続き、好評投影中です。
吉岡堅二 素描展」好評開催中 (11月3日(祝日・水曜日)まで)
旧日立航空機株式会社変電所の一般公開日が決定しました。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため一般公開を見合わせていましたが、10月20日(水)から 再開いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

 

ようこそ東大和市立郷土博物館へ

郷土博物館のメインテーマは「狭山丘陵とくらし」。

建物の中だけではなく、狭山丘陵全体を活動の舞台として、郷土の歴史、民俗、自然に関する事業をおこなっています。
プラネタリウムも備え、天文に関する話題も提供しています 。 

所在地

東京都東大和市奈良橋1-260-2(〒207-0031)

電話

042-567-4800

ファックス

042-567-4166

ご利用案内

開館時間・料金・休館日

郷土博物館休館日カレンダー

館内案内

交通案内

郷土博物館のイベント

展示

企画展示​  

  「吉岡堅二 素描展」2021年9月23日(祝日・木曜日)~11月3日(祝日・水曜日)

過去の企画展示
   「道具今むかし」2021年3月20日(土曜日)~6月6日(日曜日) 終了しました
   「飛ぶ虫・飛ばない虫」2021年7月17日(土曜日)~9月5日(日曜日) 終了しました
常設展示

常設展示はこちらをクリック

 

プラネタリウム

当館のプラネタリウム投影機の紹介

プラネタリウムのご利用について

プラネタリウムは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、座席数を減らして投影を行っています。

プラネタリウム観覧券は当日券のみ。当日午前9時から販売しております。
ご来館の上、券売機でプラネタリウム観覧券をお求めください。各回定員に達し次第、販売終了となります。

 
お家でプラネタリウム

 プラネタリウムがお休みだったので、星空を楽しむ動画「空をみあげよう」を作成しました。お楽しみください。

 お家でチャレンジ動画(youTube)(東大和公式動画チャンネル)の中で公開中

 

プラネタリウム秋番組  
秋の番組ラインナップと投影情報はこちらです。
投影期間 2021年9月18日(土曜日)~12月5日(日曜日)(休館日は除く)  

・午前11時の番組「タケルくん、ひるとよるはどうしてあるの?」  投影時間約40分
 土曜日・日曜日・祝日午前11時から投影

・午後1時の番組「タッチ・ザ・スター」 投影時間約45分
 土曜日・日曜日・祝日午後1時から投影

・午後3時の番組「プラネタリウムでチコちゃんに叱られる! チコとキョエの宇宙大冒険!無知との遭遇」 投影時間約45分
 土曜日・日曜日・祝日、平日とも、午後3時から投影

 

プラネタリウム夏番組  終了しました
投影期間 2021年6月19日(土曜日)~9月12日(日曜日)(休館日は除く) 

・一般番組「プラネタリウムでチコちゃんに叱られる! チコとキョエの宇宙大冒険!無知との遭遇」  投影時間約45分
 土曜日・日曜日・祝日も平日も午後3時から投影

・特別番組「ハナビリウム~花火って、なんであるの?」 投影時間約45分
 土曜日・日曜日・祝日 午前11時と午後1時から投影

 

講座・観察会

 

関連施設など

※【重要】一般公開の再開について

​ 旧日立航空機株式会社変電所の公開につきましては、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から延期とさせていただいておりましたが、

 10月20日(水)から再開させていただきます。詳しくはこちらをご覧ください。

郷土博物館のしごと

「郷土博物館のしごと」のページはこちらです。

 博物館は展示、観察会、講座だけでなく、資料収集、調査研究など、さまざまな仕事を行っています。東大和市の文化財や刊行物なども紹介しています。

吉岡堅二の「一筆箋」好評発売中

里正日誌第四巻(文政元年~天保五年)発売を開始しました。

博物館ではさまざまなボランティアが活動中です。

「埋蔵文化財包蔵地内での土木工事等の手続き」のページはこちらです。