ごみ収集時における火災事故の防止

  • ツイッターでツイート(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • フェイスブックでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • ラインでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)

ページ番号1001930  更新日 2024年5月20日

印刷大きな文字で印刷

スプレー缶類の出し方についてのお願い

イラスト:爆発するゴミ収集車

不燃ごみに、スプレー缶やカセットボンベ等が混入していると、ごみの収集や処理を行う上で、大変危険です。

スプレー缶やカセットボンベ等が混入している不燃ごみは、収集車両内で、漏れたガスに引火することがあり、火災を引き起こす原因にもなります。

また、収集したごみを処理している小平・村山・大和衛生組合においても、不燃ごみに混入したスプレー缶などにより、火災事故が発生しています。

事故を防ぐため、分別の徹底をお願いします。

イラスト:分別に、ご協力お願いします!

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民環境部環境対策課ごみ減量係
〒207-8585 東京都東大和市中央3-930
電話:042-563-2111(内線:1241) ファクス:042-563-5931
市民環境部環境対策課ごみ減量係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。