令和2年11月18日庁議の結果

  • ツイッターでツイート(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • フェイスブックでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • ラインでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)

ページ番号1004478  更新日 2022年10月21日

印刷大きな文字で印刷

審議事項

1.令和2年第4回東大和市議会定例会に提案する補正予算について

(説明)企画財政部長

(内容)

  • 令和2年第4回東大和市議会定例会に次の補正予算を提案するものである。
  • 令和2年度東大和市一般会計補正予算(第7号)
    • 補正前の額:44,703,041千円
    • 補正額:531,136千円
    • 補正後の額:45,234,177千円
  • 令和2年度東大和市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)
    • 補正前の額:8,913,811千円
    • 補正額:4,000千円
    • 補正後の額:8,917,811千円
  • 令和2年度東大和市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
    • 補正前の額:8,334,371千円
    • 補正額:3,463千円
    • 補正後の額:8,337,834千円
  • 令和2年度東大和市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
    • 補正前の額:2,185,491千円
    • 補正額:-1,800千円
    • 補正後の額:2,183,691千円
  • 令和2年度東大和市下水道事業会計補正予算(第2号)
    • 収益的収入及び支出の補正
    • 資本的収入及び支出の補正
    • 他会計からの補助金の補正
  • 影響及び効果
    補正予算の編成により、関係する事務・事業の円滑な執行等が図られる。

(結果)決定

2.東大和市国民健康保険人間ドック等受診料助成規則の一部を改正する規則について

(説明)市民部長

(内容)

  • 人間ドック又は脳ドック(以下「人間ドック等」という。)の受診結果を受領し、疾病の早期発見や予防に寄与する保健事業に活用するため、東大和市国民健康保険人間ドック等受診料助成規則の一部を改正するものである。
  • 主な改正点
    人間ドック等受診料の助成申請時に、受診結果の写しの添付を求める(第7条関係)。
  • 施行日:令和3年4月1日から施行する。
  • 影響及び効果
    • 改正後の第7条及び第1号様式の規定は、令和3年4月1日以後に申請を受けるものから適用し、同日前までに申請を受けたものについては、なお従前の例による。
    • 被保険者の健康の保持増進を図ることができる。

(結果)決定

3.第三次東大和市男女共同参画推進計画(案)について

(説明)市民部長

(内容)

  • 第三次東大和市男女共同参画推進計画は、令和3年度を初年度とし、男女共同参画社会の実現に向けて、市が行う施策の基本的方向を明らかにした10年間の計画である。本計画については、令和2年度に計画期間が終了する第二次計画の成果と課題を踏まえるとともに、国から求められる取組と新たな課題に対応した内容の計画案を、男女共同参画推進審議会からの答申及び男女共同参画推進計画策定本部会の審議を経て策定したことから、令和2年12月1日(火曜日)に開催予定の東大和市議会議員全員協議会において、説明するものである。
  • 主な内容
    国の基本理念及び市の条例で掲げている基本理念を前提に男女共同参画社会の実現に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、下記3点を目標として掲げる。なお、第三次東大和市男女共同参画推進計画は、女性活躍推進法及びDV防止法における市町村計画としても位置付けている。
    • 目標1:ともに個性と能力を発揮できる社会の実現
    • 目標2:互いの人権を尊重できる環境づくり
    • 目標3:男女共同参画社会実現に向けた推進体制の整備・充実
  • 影響及び効果
    第三次東大和市男女共同参画推進計画(案)について、市議会議員に理解を深めてもらうことができる。

(結果)決定

4.第6次東大和市地域福祉計画等福祉5計画(案)について

(説明)福祉部長

(内容)

  • 令和3年度を計画始年度とする第6次東大和市地域福祉計画等福祉5計画(案)をまとめたことから、令和2年12月1日(火曜日)に開催予定の東大和市議会議員全員協議会において、説明するものである。また、本案について、パブリックコメント及び市民説明会を行うものである。
  • 主な内容
    第6次東大和市地域福祉計画等福祉5計画(案)

    計画(案)

    計画期間

    第6次東大和市地域福祉計画(案) 令和3年度~令和8年度(6年間)
    東大和市高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画(案) 令和3年度~令和5年度(3年間)
    第2次東大和市障害者総合プラン(案) 令和3年度~令和5年度(3年間)
    第2次東大和市健康増進計画(案) 令和3年度~令和8年度(6年間)
    東大和市自殺対策計画(案) 新規:令和3年度~令和8年度(6年間)
  • 影響及び効果
    第6次東大和市地域福祉計画等福祉5計画(案)について、市議会議員及び市民に周知を図ることができる。また、計画を策定するにあたり、市民等の意見を反映させることができる。

(結果)決定

報告事項

1.東大和市後期高齢者人間ドック等受診料助成実施要綱の一部を改正する要綱について

(説明)市民部長

(内容)

  • 人間ドック又は脳ドック(以下「人間ドック等」という。)の受診結果を受領し、疾病の早期発見や予防に寄与する保健事業に活用するよう、東大和市後期高齢者人間ドック等受診料助成実施要綱の一部を改正するものである。
  • 主な改正点
    人間ドック等受診料の助成申請時に、受診結果の写しの添付を求める(第7条関係)。
  • 施行日:令和3年4月1日から施行する。
  • 影響及び効果
    被保険者の健康の保持増進を図ることができる。

単年度要綱

1.令和3年度東大和市ランドセル来館事業実施要綱について

(説明)子育て支援部長

(内容)

  • 引き続き、令和3年度においてもランドセル来館事業を実施できるよう、令和3年度東大和市ランドセル来館事業実施要綱を制定するものである。
  • 変更点
    年度を改める。
  • 施行日:市長決裁日から施行する。
  • 影響及び効果
    就労等で放課後の児童の保育をできない保護者が、学童保育所とランドセル来館の利用しやすい方の事業を選択して利用することができ、利便性が向上する。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

企画財政部秘書広報課秘書係
〒207-8585 東京都東大和市中央3-930
電話:042-563-2111(内線:1008) ファクス:042-563-5932
企画財政部秘書広報課秘書係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。