令和2年5月20日庁議の結果

  • ツイッターでツイート(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • フェイスブックでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • ラインでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)

ページ番号1004501  更新日 2022年10月21日

印刷大きな文字で印刷

審議事項

1.第三次基本構想(素案)について(持ち回り)

(説明)企画財政部長

(内容)

  • 第三次基本構想は、令和4年度を初年度とする20年間の構想で、将来の東大和を展望したまちづくりの目標と、それを達成するための基本的な施策を明らかにしたものであり、市民、事業者及び市が一体となって、望ましい地域社会を築きあげていくための指針としての役割をもつものである。
    この第三次基本構想について、庁内における検討及び総合計画審議会における審議を経て、素案を策定したことから、令和2年6月3日に開催予定の令和2年第3回市議会議員全員協議会において、説明するものである。
  • 主な内容
    目指す将来の都市像を「水と緑と笑顔が輝くまち 東大和」と定め、少子高齢化と人口減少が進展する中にあっても、活力あるまち、持続可能なまちを目指して、次の6つの基本目標を掲げる。
    • 子どもたちの笑顔があふれるまち
    • 健康であたたかい心のかよいあうまち
    • 安心・安全で利便性が高いまち
    • 心豊かに暮らせるまち
    • 環境にやさしいまち
    • 暮らしと産業が調和した活力あるまち
  • 影響及び効果
    第三次基本構想(素案)について、市議会議員に理解を深めてもらうことができる。

(結果) 決定

2.平成31年度東大和市一般会計繰越明許費繰越計算書について(持ち回り)

(説明)企画財政部長

(内容)

  • 平成31年度繰越明許費に係る歳出予算の経費を翌年度に繰り越すので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、令和2年第2回東大和市議会定例会に繰越明許費計算書を報告するものである。
  • 内容
    平成31年度東大和市一般会計繰越明許費繰越計算書
    翌年度繰越額:156,140,325円
  • 影響及び効果
    平成31年度繰越明許費に係る歳出予算の経費を令和2年度に繰り越すことで、対象事業の円滑な執行等が図られる。

(結果) 決定

3.令和2年第2回東大和市議会定例会に提案する補正予算について(持ち回り)

(説明)企画財政部長

(内容)

  • 令和2年第2回東大和市議会定例会に次の補正予算を提案するものである。
  • 令和2年度東大和市一般会計補正予算(第2号)
    • 歳入歳出補正額
      • 補正前の額:40,997,268千円
      • 補正額:1,500,120千円
      • 補正後の額:42,497,388千円
    • 債務負担行為の補正額
    • 地方債の補正
  • 令和2年度東大和市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
    • 歳入歳出補正額
      • 補正前の額:8,627,880千円
      • 補正額:21,060千円
      • 補正後の額:8,648,940千円
  • 影響及び効果
    補正予算の編成により、関係する事務・事業の円滑な執行等が図られる。

(結果) 決定

4.東大和市の財政状況について(持ち回り)

(説明)企画財政部長

(内容)

  • 市の厳しい財政状況について、これまで取り組んだ主な事業と、取り組まなければならない主な財政課題や新型コロナウイルス感染症の影響見込み、今後、必要とされる取組などについて、令和2年6月3日に開催予定の令和2年第3回市議会議員全員協議会において、説明するものである。
  • 主な内容
    • 決算額の比較とこれまで取り組んだ主な事業
    • 財政の特徴(市税とその他歳入の推移)
    • 財政の特徴(扶助費の推移)
    • 取り組まなければならない主な財政課題と負担額
    • 新型コロナウイルス感染症の影響見込みについて
    • 今後、必要とされる取組について
  • 影響及び効果
    取り組まなければならない財政課題や負担額及び今後必要とされる取組等について、市議会議員に理解を深めてもらうことができる。

(結果) 決定

報告事項

1.契約案件の資料配布について(持ち回り)

(説明)総務部長

(内容)

  • 契約金額が3,000万円以上1億5,000万円未満の工事又は請負の契約案件については平成19年度から市議会定例会最終日に直接各議員へ資料を配布している。今回5件の契約案件が該当するため、令和2年第2回市議会定例会最終日に各議員へ資料配布を行うものである。
  • 施行日:令和2年第2回市議会定例会最終日
  • 影響及び効果
    高額な工事又は請負の契約案件について、市議会に情報提供できる。

2.(仮称)東大和市清水一丁目保育園整備運営事業者選定委員会設置要綱について(持ち回り)

(説明)子育て支援部長

(内容)

  • 東京都水道局が所有する都有地(東大和市清水一丁目740番3号外2筆)において、市の待機児童解消に向け、令和4年4月に(仮称)東大和市清水一丁目保育園の開園を予定している。
  • 当該保育園の整備運営事業者の候補者として、優先交渉権をプロポーザル方式により、選定するに当たり、選定事務における公平性及び透明性の確保を目的として、選定委員会を設置するため、要綱を制定するものである。
  • 主な内容
    • 所掌事務
      プロポーザル参加事業者の審査及び優先交渉権者の選定
    • 構成
      選定委員会は、副市長、企画財政部長、子育て支援部長、環境部長、都市建設部長の職にある者及び東大和市子ども・子育て支援会議委員の代表者2人(学識経験1人・市民代表1人)をもって組織し、委員長を副市長、副委員長を子育て支援部長とする。
  • 施行日:決裁日から施行し、令和3年3月31日限り、その効力を失う。
  • 影響及び効果
    様々な視点、見識により、プロポーザル参加事業者の中から、当該事業において優れた事業者を選定することができる。

単年度要綱

なし

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

企画財政部秘書広報課秘書係
〒207-8585 東京都東大和市中央3-930
電話:042-563-2111(内線:1008) ファクス:042-563-5932
企画財政部秘書広報課秘書係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。