令和2年8月13日庁議の結果

  • ツイッターでツイート(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • フェイスブックでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • ラインでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)

ページ番号1004489  更新日 2022年10月21日

印刷大きな文字で印刷

審議事項

なし

報告事項

なし

単年度要綱

1.令和2年度東大和市中小企業者等応援助成金交付要綱について(持ち回り)

(説明)市民部長

(内容)

  • 新型コロナウイルス感染症の影響で売上高が減少しており、一定の要件を満たす東大和市内の事業者に対して、一律の助成金を交付することで事業継続を下支えすることを目的とした「中小企業者等応援助成金事業」を円滑に実施するため、令和2年度東大和市中小企業者等応援助成金交付要綱を制定したものである。
  • 主な内容
    • 対象者:市内に主たる事業所がある中小企業等又は個人事業主のうち、次に掲げる要件を満たすもの
      • 指定する新型コロナウイルス感染症対策関連融資を受けている。
      • 事業所の家賃負担が発生している。
    • 助成金の額:1事業者につき一律20万円(866事業者を想定)
    • 申請受付期間:令和2年8月25日(火曜日)~11月30日(月曜日)
  • 施行日:令和2年8月7日
  • 影響及び効果
    中小企業者等応援助成金を交付することで、東大和市内の事業者に対する事業継続の下支えが可能となる。

2.令和2年度東大和市介護・障害福祉サービス事業所助成金支給要綱について(持ち回り)

(説明)福祉部長

(内容)

  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う利用控えによる減収や、衛生用品購入による臨時の出費など、介護サービス事業所及び障害福祉サービス事業所の経営状況の悪化を踏まえ、事業継続に資する助成金を運営法人に支給するため、令和2年度東大和市介護・障害福祉サービス事業所助成金支給要綱を制定するものである。
  • 主な内容
    • 対象者:市の区域内の指定事業所において、介護サービス又は障害福祉サービスを提供している法人(令和2年8月1日において事業を実施しており、令和3年3月31日まで事業継続の見込みのある事業者に限る。)
    • 支給額:1サービスにつき、20万円(り患リスク等を踏まえ一部のサービスについては、10万円)。ただし、介護サービス及び障害福祉サービスのいずれについても、同一法人について60万円の上限を設定する。
  • 施行日:決裁日から施行し、令和2年8月1日から適用する。
  • 影響及び効果
    助成金の支給により、市内における介護サービス及び障害福祉サービスの事業継続が図られ、高齢者や障害者の福祉の向上に寄与することができる。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

企画財政部秘書広報課秘書係
〒207-8585 東京都東大和市中央3-930
電話:042-563-2111(内線:1008) ファクス:042-563-5932
企画財政部秘書広報課秘書係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。