○東大和市立図書館運営規則

昭和58年12月27日

教委規則第4号

目次

第1章 総則(第1条―第5条)

第2章 資料の利用(第6条―第11条)

第3章 視聴覚室、会議室等の利用(第12条―第16条)

第4章 委任(第17条)

付則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規則は、東大和市立図書館条例(昭和52年条例第11号)第4条の規定に基づき、東大和市立図書館(以下「図書館」という。)の運営について必要な事項を定めるものとする。

(事業等)

第2条 図書館は、図書館法(昭和25年法律第118号)第3条の規定に基づき、次の事業を行う。

(1) 図書館資料(以下「資料」という。)の収集、整理及び保存

(2) 資料の貸出し

(3) 読書案内

(4) 調査研究に対する援助及び資料の複写

(5) 読書会、研究会、講演会、鑑賞会、資料展示会等の主催及び奨励

(6) 図書館報その他読書資料の発行及び頒布

(7) 他の図書館、文庫、学校、公民館等との連絡及び協力

(8) 資料の相互貸借

(9) 移動図書館の運営

(10) 前各号のほか図書館の目的達成のために必要な事業

2 東大和市立中央図書館長(以下「中央館長」という。)は、前項第1号に規定する資料を収集したときは、資料台帳(第1号様式第1号様式の2第1号様式の3第1号様式の4第1号様式の5)に登録しなければならない。

(図書館奉仕を受けることができる者)

第3条 図書館奉仕を受けることができる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 東大和市の区域内に居住し、又は通勤し、若しくは通学する個人

(2) 東大和市の区域内に事務所又は事業所を有する個人及び団体

(3) 東村山市、武蔵村山市又は立川市の区域内に居住する個人

2 前項の規定にかかわらず、中央館長は、必要と認めた者に対して、図書館奉仕をすることができる。

(開館時間及び休館日)

第4条 開館時間及び休館日は、別表のとおりとする。ただし、中央館長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

2 前項の規定にかかわらず、移動図書館の開館時間にあつては、ステーシヨンごとに中央館長が指定する。

(利用の制限)

第5条 中央館長は、次の各号のいずれかに該当するときは、図書館の利用を拒み、又は中止させることができる。

(1) 秩序を乱し、又は他人に迷惑を及ぼすおそれのあるとき。

(2) 営利を目的とするとき。

(3) この規則及び中央館長の指示に従わないとき。

(4) 前3号のほか管理運営上支障があるとき。

第2章 資料の利用

(貸出手続)

第6条 資料の貸出しを受けようとする者は、利用申込書(第2号様式第2号様式の2第2号様式の3)により、中央館長に申し込まなければならない。

2 中央館長は、前項の規定による申込みがあつたときは、当該申込者に利用カード(第3号様式)を交付するものとする。

3 利用者は、資料の貸出しを受ける際には、利用カードを提示しなければならない。

4 利用申込書の記載事項に変更を生じたときは、変更届(第4号様式)により、速やかに中央館長に届け出なければならない。

5 図書館を利用できる資格を失つたときは、速やかに中央館長に利用カードを返還しなければならない。

(利用カードの紛失等)

第7条 利用カードを汚損、破損又は紛失したときは、利用カード紛失(汚損・破損)届(第5号様式)により、速やかに中央館長に届け出なければならない。

2 利用カードが交付を受けた者以外の者によつて使用され、損害が生じたときは、その責任は当該利用カードの交付を受けた者に帰するものとする。

(貸出数及び貸出期間)

第8条 資料の貸出数は、中央館長が別に定める。

2 資料の貸出期間は、個人については14日以内とし、その他については3か月以内とする。ただし、中央館長が特に必要と認めたときは、その期間を別に指定することができる。

3 個人の利用者が資料貸出期間経過後において引き続き当該資料を利用しようとするときは、中央館長の承認を得て、1回に限り貸出期間を延長することができる。

(貸出しの停止)

第9条 中央館長は、資料貸出期間経過後においても、当該資料を返却しなかつた者に対して、一定期間資料の貸出しを停止することができる。

(利用の制限)

第10条 中央館長は、特に必要と認めた資料について、その利用方法を制限することができる。

(損害賠償)

第11条 利用者は、資料を汚損、破損又は紛失したときは、資料紛失(汚損・破損)届(第6号様式)により、速やかに中央館長に届け出るとともに、現品又は相当の代価をもつて賠償しなければならない。ただし、中央館長がやむを得ない理由があると認めたときは、この限りではない。

第3章 視聴覚室、会議室等の利用

(利用の範囲)

第12条 視聴覚室、会議室、お話し室及び展示コーナー(以下「視聴覚室等」という。)は、教育的、文化的活動等図書館事業に関連のある集会及び行事に利用することができる。

(利用手続)

第13条 視聴覚室等を利用しようとする者は、中央館長の承認を受けなければならない。

(利用の制限)

第14条 中央館長は、視聴覚室等の利用について、次の各号のいずれかに該当するときは、その利用条件を変更し、又は利用を停止し、若しくは利用の承認を取り消すことができる。

(1) 利用者がこの規則に違反したとき。

(2) 利用目的が承認のときと違つたとき。

(3) 災害その他の事故により、利用できなくなつたとき。

(4) 前3号のほか管理運営上特に必要があるとき。

(利用者の責任)

第15条 利用者は、視聴覚室等の利用を終了したときは、直ちに原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第16条 利用者は、施設、設備又は器具を汚損、破損又は紛失したときは、速やかに中央館長に届け出なければならない。

2 中央館長は、前項に規定する届出があつたときは、その旨を教育委員会に報告しなければならない。

3 教育委員会は、第1項に規定する汚損、破損又は紛失に対して、損害賠償を命ずることができる。

第4章 委任

第17条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育長の承認を得て中央館長が別に定める。

付 則

この規則は、昭和59年1月1日から施行する。

付 則(昭和61年8月1日教委規則第2号)

この規則は、昭和61年8月1日から施行する。

付 則(平成元年2月28日教委規則第4号)

この規則は、平成元年4月1日から施行する。

付 則(平成2年5月26日教委規則第4号)

この規則は、平成2年7月1日から施行する。

付 則(平成3年12月25日教委規則第9号)

この規則は、平成4年1月1日から施行する。

附 則(平成5年6月29日教委規則第6号)

この規則は、平成5年7月1日から施行する。

附 則(平成6年4月27日教委規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成8年4月1日教委規則第1号)

この規則は、平成8年5月1日から施行する。

附 則(平成10年6月1日教委規則第9号)

1 この規則は、平成10年7月1日から施行する。

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の東大和市立図書館運営規則第3号様式及び第6号様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成13年9月6日教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年2月3日教委規則第2号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年1月27日教委規則第2号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月28日教委規則第3号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成17年9月30日教委規則第6号)

1 この規則は、平成17年10月5日から施行する。

2 この規則の施行前に交付された改正前の東大和市立図書館運営規則第3号様式による利用カードは、当分の間、改正後の東大和市立図書館運営規則第3号様式による利用カードとみなして使用することができる。

附 則(平成18年11月24日教委規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年1月19日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際改正前の東大和市立図書館運営規則第3号様式(以下「旧様式」という。)による利用カードで、現に使用されているものは、当分の間、改正後の東大和市立図書館運営規則第3号様式による利用カードとみなして使用することができる。

3 この規則の施行の際旧様式による利用カードで、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成19年3月30日教委規則第4号)

この規則は、平成19年4月25日から施行する。

附 則(平成21年6月29日教委規則第5号)

この規則は、平成21年7月27日から施行する。

附 則(平成24年3月29日教委規則第2号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。ただし、別表の改正規定は、同年4月23日から施行する。

附 則(平成27年5月19日教委規則第3号)

この規則は、平成27年7月1日から施行する。

別表(第4条関係)

開館時間

中央館

月曜日、土曜日及び日曜日 午前10時から午後5時まで

水曜日、木曜日及び金曜日 午前10時から午後7時まで

地区館

午前10時から午後5時まで

休館日

定期休館日

毎週火曜日。ただし、地区館のうち東大和市立清原図書館については、毎週月曜日及び火曜日とする。

国民の祝日等

国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(土曜日に当たる日を除く。以下「休日」という。)

年末年始

12月28日から翌年の1月4日までの日(休日を除く。)

資料整理日

毎月第3木曜日

特別資料整理期間

毎年1回15日以内において中央館長が指定する日

備考 中央館の水曜日、木曜日及び金曜日における開館時間のうち午後5時から午後7時までについては、レファレンス室及び視聴覚室等は利用することができない。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

東大和市立図書館運営規則

昭和58年12月27日 教育委員会規則第4号

(平成27年7月1日施行)

体系情報
第9編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和58年12月27日 教育委員会規則第4号
昭和61年8月1日 教育委員会規則第2号
平成元年2月28日 教育委員会規則第4号
平成2年5月26日 教育委員会規則第4号
平成3年12月25日 教育委員会規則第9号
平成5年6月29日 教育委員会規則第6号
平成6年4月27日 教育委員会規則第9号
平成8年4月1日 教育委員会規則第1号
平成10年6月1日 教育委員会規則第9号
平成13年9月6日 教育委員会規則第2号
平成15年2月3日 教育委員会規則第2号
平成16年1月27日 教育委員会規則第2号
平成17年3月28日 教育委員会規則第3号
平成17年9月30日 教育委員会規則第6号
平成18年11月24日 教育委員会規則第4号
平成19年3月30日 教育委員会規則第4号
平成21年6月29日 教育委員会規則第5号
平成24年3月29日 教育委員会規則第2号
平成27年5月19日 教育委員会規則第3号