本文へ移動

東大和市

東大和市浸水予想区域図(ハザードマップ)を作成しました

東大和市浸水予想区域図(ハザードマップ)

 東大和市浸水予想区域図(ハザードマップ)は、東京都が平成17年に作成した「黒目川、落合川、空堀川及び奈良橋川流域浸水予想区域図」を基に作成したものです。

 平成12年9月に発生した東海豪雨(総雨量589ミリメートル、時間最大雨量114ミリメートル)が、東大和市域に降った場合を想定しています。

 区域図では、予想される浸水の区域と水深を示していますが、浸水の予想される区域や程度は、雨の降り方や土地の形態の変化、河川や雨水処理施設の整備状況などにより変化することがあります。

 近年、台風や豪雨による水害が、全国各地で発生しています。

 日頃から積極的な気象情報の情報収集を心掛け、各家庭で風水害への備えをお願いします。

東大和市浸水予想区域図

配布場所

防災安全課(市役所3階)、市役所1階市民ロビー、市内各市民センター・公民館・図書館等

※東大和市浸水予想区域図(ハザードマップ)は下記のPDFファイルからもご覧いただけます。

東大和市浸水予想区域図 [ 1168 KB pdfファイル]

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

 

       戻る  ページの先頭