介護保険料の遡及賦課誤りについて(お詫び)

  • ツイッターでツイート(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • フェイスブックでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • ラインでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)

ページ番号1008163  更新日 2023年7月24日

印刷大きな文字で印刷

 介護保険料の賦課事務に不適切な処理があり、一部の被保険者の方に対し、保険料を過大又は過少に賦課していたことが判明しました。

1 概要

 平成27年4月1日施行の介護保険法改正により、介護保険料の賦課決定は「各年度における最初の納期の翌日から2年を経過した日以降は賦課決定を行うことができない」とされました。
 この「各年度における最初の納期」について、一律に普通徴収の最初の納期である7月31日として期間計算を行っていたところ、特別徴収(年金からの天引き)については、各年度における最初の納期は5月10日とすべきである旨、ここで国からの見解が示されたことから、特別徴収の被保険者について、賦課決定のできない期間に増額又は減額の賦課更正をしていたことがわかりました。

2 対象保険料

 平成29年度から令和4年度に遡及賦課した平成27年度分から令和2年度分保険料

3 対象件数及び金額

(1)過大徴収した件数及び金額 15件 267,200円
(2)過大還付した件数及び金額 12件 254,400円
 

4 今後の対応

(1)保険料を過大徴収した方には、速やかにご連絡するとともに、返還手続きを行います。
(2)保険料を過大に還付した方については、時効(2年)により徴収できる期限を過ぎていること、賦課権が消滅していることから、保険料の返還は求めません。

5 再発防止策

 今後、法改正時には、国及びシステム委託業者との情報共有も行いながら、適正な法解釈、運用に万全を期してまいります。

6 注意

 本件に便乗した還付金詐欺にご注意ください。市役所職員が電話でATMの操作を求めることやキャッシュカードをお預かりすることはありません。少しでも不審な点を感じた場合、介護保険課へご確認ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

健幸いきいき部介護保険課介護保険係
〒207-8585 東京都東大和市中央3-930
電話:042-563-2111(内線:1136) ファクス:042-563-5930
健幸いきいき部介護保険課介護保険係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。