令和3年9月13日付で神奈川県鎌倉市、翌9月14日付で神奈川県相模原市にて、使用前の新型コロナウイルスワクチンのバイアル(ロット番号FF5357)に異物(白い浮遊物)が混入している事案が発生した旨の報道発表がありました。

この報道を受け、同ロット番号のバイアルを確認したところ、当市にも8月下旬に配分されていましたことから、東京都にワクチンの使用について確認したところ、異物混入がないことを確認し使用するよう指導がありました。

市では、集団接種会場において、薬剤師をはじめ医療従事者が複数人で、各バイアルに異物がないことを確認してワクチンを使用しています。現時点で異物が混入していたという報告はありませんが、改めて接種会場で従事する医療従事者等に周知及び注意喚起を行いました。