令和3年7月10日の新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場において、不適切な接種が1件発生しました。

内容としては、シリンジ(注射器)内への薬液の充填を確認しなかったため、筋肉内に空気を注入したものです。

被接種者については、体調不良がないことを医師がその場で確認し、本人の希望によりワクチンを接種しています。なお、現在までの間、本人に体調不良がないことを確認しています。

また、市は、東京都(福祉保健局)を通じて国(厚生労働省)へ状況の報告を行うとともに、被接種者の健康をしっかりと支え、今後、このようなことが二度と起こらないよう再発防止対策を徹底します。

なお、被接種者の方への人権尊重と個人情報保護のため、特段のご理解とご配慮をお願いします。