東大和市職員の新型コロナウイルスへの感染について(令和3年1月15日発表)

令和3年1月14日(木曜日)、市内中学校に勤務する市職員(会計年度任用職員)1人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたのでお知らせします。

現時点では、保健所に確認したところ学校関係者との濃厚接触の可能性は低く、同じ勤務場所の他の職員にも発熱等の症状はありません。今後、当該職員については、保健所の指示に従い、必要期間を自宅療養とします。

感染した職員

年代 50代
性別
居住地 市外
勤務場所 市立中学校
病状 発熱なし、嗅覚の軽い消失
検査日 1月13日(水曜日)
発症までの状況 1月12日(火曜日)出勤。症状なし。以降勤務していない。
1月13日(水曜日)同居の家族がPCR検査の結果が陽性となり、本人にもにおいを感じ辛い症状があることから医療機関を受診しPCR検査を受ける。
1月14日(木曜日)検査結果が陽性と判明。
勤務内容 学校補助業務
職場の業務継続 消毒を実施し、業務を継続する。
職場までの通勤手段 電車、バス

人権尊重・個人情報保護について

当該職員及び家族への人権尊重・個人情報保護にご理解とご協力をお願いいたします。