年末年始について、地方公共団体は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、休暇の分散化、人の移動の分散化を国から求められております。このことから、市役所では次の取組を行い、引き続き、感染の防止に努めて参ります。

1 年末年始の市長訓示を動画で実施

 例年、年末の終業日と年始の始業日に、市長から管理職に対して訓示し、管理職からそれぞれの所属職員にその内容を伝達することで職員の士気高揚を図っていますが、今年は、市長訓示を動画で撮影し、庁内端末を通じて全職員向けに配信します。

2 年末年始前後の休暇取得促進のためのその他の取組

 研修や会議の日程を変更するなど、各部署において、年末年始の業務(行事含む)の見直しや、運営上の工夫を行います。また、全職員に対し、年末年始の休暇に加え、その前後にまとまった休暇を取得することを奨励しています。