身に覚えのない商品が届いたら・・・

例えば、封筒に入った使い捨てマスク30枚が宅急便で届いた。家族もまったく心当たりがない。

請求書は入っていないが、今後どうすればよいか。

  1. とにかく、ひとまず落ち着きましょう。
  2. 送りつけられる前に、事業者からの電話連絡はありましたか。また、送付された商品の売買契約の勧誘があり、売買契約の締結を申込みましたか。
  3. もしも、電話や口頭だけも含めてまったく売買契約の申込みをしていない場合は、売買契約は成立していません。
    たとえ、申込みをしていても契約書面を受け取ってから、8日以内であれば、クーリングオフができます。

売買契約が成立していないときは、あわてて事業者に連絡したしたりせず、使用せずに保管し、14日間経ってから処分しましょう

売買契約が成立していない場合、商品の送付があった日から事業者による引取りがないまま14日間を経過したときは、商品を自由に処分することができます。その後の事業者による引取りに応じる必要もありません。

参考資料

新型コロナウイルス感染症に便乗した身に覚えのない商品の送り付けにご注意ください [ 140 KB pdfファイル]

クーリング・オフには条件がありますのでお早めにご相談を

電話勧誘や訪問販売で契約した場合、8日以内ならクーリング・オフで契約を解除することができます。

お早めに下記の消費生活センター等に相談してみましょう。

また、クーリング・オフの期間が過ぎていても、購入した商品が不要なもので未開封だったり、消費しきれないほど大量の商品が家にあったりする場合なども、ご相談ください。秘密は厳守いたします。

消費者ホットライン:「188(いやや)」

東大和市にお住まいの方は、東大和市消費生活センター東京都消費生活総合センター(外部リンク)等の相談窓口をご案内する全国共通の3桁の電話番号です。