郵送申請方式による申請方法は専用ページ(市公式ホームページ)をご参照ください。

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月30日閣議決定)の趣旨を踏まえ、家計への支援を行うため、特別定額給付金を給付します。
申請方法は、郵送方式とオンライン方式がありますが、オンライン方式では、入力内容の誤り等により、申請内容の補正を求めることが度々発生しております。
そのため、今後は、5月26日(火曜日)に発送しました郵送方式の申請書による申請をお薦めします。

※同封いたしました返信用封筒につきましては、市民の皆様に一日でも早く申請書をお届けするために、早急に確保できたものを使用させていただきました。封筒のサイズが小さいため、申請書等を小さく折り畳んで入れていただく必要がございます。ご不便をお掛けして申し訳ございません。ご理解いただきますようお願い申し上げます。

※東大和市の特別定額給付金に関するチラシを作成しました。チラシはこちら.pdf [ 1094 KB pdfファイル]からダウンロードすることができます。

1 給付対象者

基準日である令和2年4月27日時点で東大和市の住民基本台帳に記録されている方

2 受給権者

住民基本台帳に記録されている方の属する世帯の世帯主

3 給付額

給付対象者1人につき10万円

4 申請方法

オンラインによる申請について
受付期間

令和2年5月7日(木曜日)から令和2年8月26日(水曜日)まで

申請方法等について

こちら(市公式ホームページ)をご参照ください。

郵送による申請について
受付期間

令和2年5月27日(水曜日)から令和2年8月26日(水曜日)まで※期日必着

申請方法

こちら(市公式ホームページ)をご参照ください。

5 給付方法

原則として、世帯主の金融機関口座へ世帯員分をまとめて振込みます。

※5月19日(火曜日)以降順次振込みを実施しています(申請受付から給付金振込みまでに要す期間は最短で2週間程度です)。

6 新型コロナウイルス感染症対策

市民の皆様の安全を第一に考え、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を徹底するため、原則として以下の対策を講じます。

申請方法は、オンラインと郵送のみとし、窓口での申請受付は実施いたしません。
給付方法は、銀行口座への振込みのみとし、窓口での給付は実施いたしません。

7 配偶者やその他親族等からの暴力を理由に避難している方(DV被害者の方)への給付について

DV被害者の方は、一定の要件を満たし、所定の申出をしていただくことで、個別に給付を受けることができます。

なお、住民票がある市区町村には、今お住まいの住所などの情報は知らせません。

DV被害者等の方の給付金申請についてのチラシ(総務省作成).pdf [ 656 KB pdfファイル]

DV被害者等の方の手続きに関するQ&A(総務省作成).pdf [ 575 KB pdfファイル]申出対象となる事例

申出対象となる事例

1 特別定額給付金の基準日(令和2年4月27日)以前に発生した配偶者からの暴力を理由とした避難事例で、配偶者からの暴力を理由に避難している方が諸事情により基準日までに住民票を移すことができないもの

2 基準日以前に発生した親族からの暴力等を理由とした避難事例で、親族からの暴力等を理由に避難している方が自宅には帰れない事情を抱えているもの

3 基準日の翌日以降に発生した親族からの暴力等を理由とした避難事例

申出者の満たすべき一定の要件

以下の1から3のいずれかを満たすこと

1 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること

2 婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること

3 令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

必要な手続き

東大和市にお住まいのDV被害者の方は、東大和市に「申出書」「対象者であることが確認できる書類」を提出してください。
なお、申出書を提出した場合でも、給付金の申請手続きは東大和市に別途行う必要があります。
給付金の申請手続きを行ったのちに、東大和市から給付金が給付されます。

<申出書>

配偶者等からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。
同伴者がいる場合は、あわせて申し出ることができます。
特別定額給付受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書.xls [ 44 KB xlsファイル]

<確認書類>

配偶者等からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次の書類のいずれかの添付が必要です。

1 保護命令決定書の謄本又は正本
2 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書

※令和2年4月28日以降に東大和市に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けているかたは、その旨を申し出れば市において確認が取れるため、確認書類は不要です。

まずはお問い合わせください

配偶者等からの暴力を理由に避難している方は、下記の市コールセンターへお問い合わせください。

8 外国人の方へ

特別定額給付金の概要について、以下の総務省の特別定額給付金ポータルサイトにて、外国籍の方向けの広報チラシが掲載されています。

対応言語は、英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語、ベトナム語、フィリピン語、ポルトガル語、スペイン語、インドネシア語、タイ語、ネパール語です。

特別定額給付金ポータルサイト(外部サイト)

英語 English.pdf [ 492 KB pdfファイル]

中国語簡体字 Simplified Chinese.pdf [ 672 KB pdfファイル]

中国語繁体字 Traditional Chinese.pdf [ 587 KB pdfファイル]

韓国語 Korean.pdf [ 581 KB pdfファイル]

ベトナム語 Vietnamese.pdf [ 481 KB pdfファイル]

フィリピン語 Filipino.pdf [ 465 KB pdfファイル]

ポルトガル語 Portuguese.pdf [ 465 KB pdfファイル]

スペイン語 Spanish.pdf [ 465 KB pdfファイル]

インドネシア語 Indonesian.pdf [ 466 KB pdfファイル]

タイ語 Thai.pdf [ 546 KB pdfファイル]

ネパール語 Nepali.pdf [ 574 KB pdfファイル]

9 コールセンターを開設しています

東大和市特別定額給付金コールセンター(申請・給付について)

市では、特別定額給付金の申請及び給付に関するお問い合わせに対してより詳しくご案内するため、コールセンターを設置しました。申請や給付に関するお問い合わせの際は、市コールセンターをご利用ください。

電話番号:042-567-5655(直通)
対応時間:午前8時30分から午後5時00分まで(土曜日、日曜日及び祝日を除く)
総務省特別定額給付金コールセンター(制度について)

総務省では、特別定額給付金事業に関するお問い合わせについて、コールセンターを設置しています。制度に関するお問い合わせは、総務省コールセンターをご利用ください。また、特別定額給付金給付事業の詳細は総務省ホームページ(外部サイト)をご参照ください。

電話番号:0120-260020
対応時間:午前9時00分から午後8時00分まで(土曜日、日曜日及び祝日を含む)