本文へ移動

東大和市

東大和市内の施設情報

令和2年度予算の編成過程

令和2年度予算について、予算編成方針に基づき、編成作業を進めていますが、一般会計予算については、段階的に状況をお知らせします。

予算見積額の集計状況

令和2年度一般会計予算の見積額.pdf [ 103 KB pdfファイル]

(概要)

一般会計予算の見積額(平成元年11月5日現在)は、歳入合計が約306億5,900万円(前年度当初比1.1%減)、歳出合計が約326億1,800万円(前年度当初比5.2%増)となっています。

新規施策等の主要事業については、東大和市実施計画に基づき、予算を見積もることを基本とし、第四次基本計画で掲げた目標の達成に向けて、「学校教育の充実」「児童福祉の推進」「防災・防犯体制の推進」に係る事業の見積りが提出されています。

なお、見積額の集計時点では、約19億5,900万円の財源不足が生じています。

予算見積額の調整状況

令和2年度一般会計予算の見積額.pdf [ 118 KB pdfファイル]

(概要)

東大和市では、例年11月中旬から12月中旬にかけて、企画財政部・財政課による予算見積額等の調整を行っています。
この調整により、一般会計予算については、歳入が約4,300万円の減額、歳出が約5億2,000万円の減額となりました。

主な内容として、歳入では市税(市民税・個人、法人等)の増額調整を行い、歳出では、平成31年度予算の執行状況等を踏まえ、歳出全般で経常的経費の抑制を図り、また、経常的経費以外の主要事業等についても、実施計画に基づく調整を行いました。

調整の結果、一般会計予算の見積額については、歳入合計が約306億1,600万円、歳出合計が約320億9,900万円となり、令和元年12月13日現在の財源不足額は、約14億8,300万円まで減少しました。

今後は、市長による予算の査定と、国や東京都の予算と関連する事項の調整を行い、2月初旬を目途に令和2年度予算を確定する予定となっています。

予算見積額の査定等の状況(予算案の確定)

令和2年度一般会計予算(案) [ 132 KB pdfファイル]

(概要)

東大和市では1月上旬から中旬にかけて、市長による予算見積内容等の査定を実施し、当初予算における優先施策を中心に、実施計画に基づく主要事業等について、最終的な調整を行っています。
また、国や東京都の予算に関連する事項として、国からの地方交付税や、都税に連動する交付金などの歳入予算について調整を行いました。

これらの結果、一般会計の令和2年度予算額(案)は、歳入歳出ともに321億4,400万円(前年度当初比11億3,300万円、3.7%の増)となりました。
今後の日程として、令和2年度の予算案を市議会に議案として送付し、その内容を審議する予定となっています。
なお、令和2年度予算の概要等について、ホームページに掲載しています。

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

 

 

       戻る  ページの先頭