次第(開催通知)[ 106 KB pdfファイル]

審議事項​

  1. 東大和市職員の通勤手当に関する規則の一部を改正する規則について 庁議付議事案書 [ 60 KB pdfファイル]
    (説明)総務部長
    (内容)
    • 自転車等その他交通用具を使用する職員に支給する通勤手当について、支給額を見直し、非課税限度額の範囲内とするため、東大和市職員の通勤手当に関する規則の一部を改正するものである。
    • 主な改正内容
      • 自転車等その他の交通用具を使用することを常例とする職員に支給している運賃相当額を非課税限度額の範囲内に改正する。(別表第2)
      • 支給の始期について、増額して改定する場合の基準日を「事実の生じた日」から「届出日」に変更する。
    • 施行日:平成31年10月1日から施行する。
    • 影響及び効果
      通勤手当の支給額等について、一部課税対象となっていたことが是正され、適正化が図られる。
(結果)決定
  1. 平成31年第1回東大和市議会定例会検討課題について 庁議付議事案書 [ 45 KB pdfファイル]
    (説明)企画財政部長、学校教育部長
    (内容)
    • 平成31年第1回東大和市議会定例会における一般質問及び議案審議等を踏まえ、学校教育部より、下記1案件の提出があったことから、市の検討課題としての位置付けについて審議するものである。
    • 検討課題
      各中学校の制服仕様の共通化及び制服選択制の導入について(一般質問・学校教育部)
    • 影響及び効果
      課題となった事項を整理することで、今後の検討を円滑に行うことができる。
(結果)決定

報告事項​

  1. 東大和市市制50周年記念事業の実施に向けた東大和市アクションプランについて 庁議付議事案書 [ 91 KB pdfファイル]
    (説明)企画財政部長
    (内容)
    • 「東大和市市制50周年記念事業実施方針(以下「実施方針」という。)」の実効性を確保するため、平成31年3月29日付市長決裁により、「東大和市市制50周年記念事業の実施に向けた東大和市アクションプラン(以下「アクションプラン」という。)」を策定したことから報告するものである。
    • アクションプランの構成とその内容
      • 目的
        実施方針の実効性を確保することを目的とする。
      • 内容
        実施方針で定めた内容を記載した。
      • 市制50周年記念事業
        市制50周年記念事業として、記念式典、実施事業(特別事業16件、連携事業15件)、広報・PR7件の合計39件を、実施方針の事業構成ごとに定めた。
      • 今後の市制50周年記念事業の検討
        地域や市民団体等との協議が必要な事業については、必要な手続等を経たうえで調整する。また、必要に応じて記念事業の見直しや追加等の検討を行う。
      • 市制50周年記念事業の実施及び進行管理
        アクションプランに掲げた事業については、関係各課と連携しながら実施し、事務局が中心となって各事業についての進捗状況等を確認する。また、推進本部会議及び推進部会を開催し情報共有を行う。
    • 影響及び効果
      アクションプランに基づき取組を推進することで、実施方針の実効性を確保することができる。
  2. 東大和市地域生活支援拠点等の整備に関する基本方針について 庁議付議事案書 [ 84 KB pdfファイル]
    (説明)福祉部長
    (内容)
    • 東大和市障害者総合プランにおいて、平成32年度末までに整備することとしている東大和市地域生活支援拠点等について、当該拠点等の整備に関する基本方針を東大和市地域生活支援拠点等整備検討会議において協議し、基本方針(案)をまとめた。市として、報告の内容を踏まえて、東大和市地域生活支援拠点等の整備に関する基本方針を策定したことから報告するものである。
    • 主な内容
      精神障害者については地域生活支援センターウエルカム、身体障害者・知的障害者については総合福祉センターは~とふるを地域生活支援拠点と位置づけ、総合的な相談・支援を行なう市障害福祉課を加えた三者を中心として面的な整備を行う。
    • 影響及び効果
      基本方針に基づいた整備を行うことにより、障害者の地域生活支援の体制を整えることができる。
  3. 健幸都市の実現に向けた東大和市健康寿命延伸取組方針について 庁議付議事案書 [ 94 KB pdfファイル]
    (説明)福祉部長
    (内容)
    • 生涯にわたって健康でいきいきと豊かな人生をおくることができるまちを目指して、更なる健康寿命の延伸を図るとともに、健幸都市の実現に向けた市の取組を推進していくため、健幸都市の実現に向けた東大和市健康寿命延伸取組方針を策定したことから、報告するものである。
    • 主な内容
      • 趣旨
        ​更なる健康寿命の延伸を図るとともに、健幸都市の実現に向けた市の取組を推進していく。
      • 基本的な考え方
        個人が自助努力をしやすい環境を整えるとともに、市だけではなく、市民、企業、団体などの関係者が協力して取り組んでいく。
      • 取組方針
        「生活習慣を改善すること」、「病気を予防すること」及び「社会環境を整備すること」に重点を置く。
      • 各取組方針の内容
      • 身体機能を維持・改善する運動習慣の定着
        • 身体を良好な状態に保つ食生活の実践
        • 孤立を防ぐ社会参加の促進
        • 病気を予防・早期発見する受診の促進
        • 健康づくりにつながる環境の整備
      • その他
        市制50周年記念事業において健幸都市宣言を行い、また、取組方針を反映した新規事業(仮称「健康寿命延伸プロジェクト事業」)や既存事業に取り組むこととし、具体的な内容について、平成31年度にアクションプランを策定する。
      • 影響及び効果
        取組方針を策定することで、更なる健康寿命の延伸を図るとともに、健幸都市の実現に向けた市の取組を推進することができる。

単年度要綱 ​

なし。

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。