本文へ移動

東大和市

東大和市内の施設情報

東大和市ブランド・プロモーション

これまでの経緯

東大和市では、平成27年10月に東大和市まち・ひと・しごと創生総合戦略(平成27年度~平成31年度)を策定し、「人口減少の抑制」を目指して取組を進めてきました。
その上で、東大和市まち・ひと・しごと創生総合戦略の取組を更に進め、転入の促進及び転出の抑制を目的として、東大和市ブランド・プロモーション指針(平成29年度~平成31年度)及び東大和市ブランド・プロモーション指針アクションプラン(平成29年度~平成31年度)を策定して、市の認知度やイメージの向上を図るためブランド・プロモーション(市のイメージのブランド化及びシティプロモーション)の取組を進めてきました。

その後、令和2年3月に策定された東大和市まち・ひと・しごと創生総合戦略(補正版) (平成27年度~令和3年度)の計画期間にあわせ、東大和市ブランド・プロモーション指針(補正版)(平成29年度~令和3年度)及び東大和市ブランド・プロモーション指針アクションプラン(補正版)(平成29年度~令和3年度)を策定しました。

このような状況の中、令和4年3月に策定した第五次基本計画(令和4年度~令和13年度)において、次期の地方版総合戦略については、第五次基本計画に包含して策定されるとともに、次期の地方版総合戦略である第2期東大和市まち・ひと・しごと創生総合戦略の実行計画(アクションプラン)として第2期東大和市まち・ひと・しごと創生総合戦略アクションプランを策定して、「人口減少の抑制」と「地域の活性化」を目指して、取組を進めていくことにしました。

 

第2期東大和市ブランド・プロモーションアクションプラン

ブランド・プロモーションについては、第五次基本計画の「ブランド・プロモーションの推進」において、「市のイメージをブランド化し、市内外に向けて市の魅力や特長を情報発信することにより、転入の促進と転出の抑制を目指す」とされています。
このことから、これまで取り組んできたブランド・プロモーションの取組を踏まえつつ、その取組を更に進めるために、第五次基本計画に包含された次期の地方版総合戦略の「ブランド・プロモーションの推進」に関する施策の実行計画(アクションプラン)として、第2期東大和市ブランド・プロモーションアクションプラン(令和4年度~令和8年度)を策定し、転入の促進と転出の抑制を目指したブランド・プロモーションの取組を進めていきます。

第2期東大和市ブランド・プロモーションアクションプラン(令和4年度~令和8年度).pdf [ 3503 KB pdfファイル]

 

市のイメージ 

市では、これまで住宅都市としての特長を活かして、市のイメージを構築してきました。     
市の特長は、西武線や多摩モノレールを利用した通勤・通学の利便性や買い物など日常生活の利便性とともに、身近に多摩湖を中心とする緑豊かな狭山丘陵が広がる優良な住環境を有していることです。また、「日本一子育てしやすいまち」を目指して子ども・子育て支援施策の充実等を図っています。
この通勤・通学や日常生活の利便性と豊かな自然がコンパクトにまとまった環境は、子育て世代をはじめとして、幅広い世代にとって住み心地のよい定住に適した快適な住宅都市といえます。

 

ブランド・メッセージ及びロゴマーク

市のイメージを伝えるためにブランド・メッセージ及びロゴマークを活用します。

ブランド・メッセージ(市の魅力や特長を短い言葉で表したもの)

「東京 ゆったり日和 東やまと」

「東京 ゆったり日和 東やまと」は、東京の都市でありながら、ゆったりと落ち着いていて、子育てしやすく、住みやすい東大和市の魅力・特長を表現しています。
 

ロゴマーク

 

 

 

 

 

 

 

 


マークのデザインは、東大和の多摩湖の風景をメインに、子育てしやすく、都心と自然のバランスのよい“ちょうどいいまち”を表現しています。

ロゴマークは、どなたでも自由にダウンロードして利用できます。利用方法等については、下記をご参照ください。

   

 ブランド・メッセージ「東京 ゆったり日和 東やまと」及びロゴマーク

 

これまでの指針等

平成29年度~令和3年

東大和市ブランド・プロモーション指針 (補正版) [ 3104 KB pdfファイル]

東大和市ブランド・プロモーション指針アクションプラン(補正版) [ 2158 KB pdfファイル]

 

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

 
       戻る  ページの先頭