市発注の工事について、契約約款の改正を行い、現場代理人の常駐義務期間の緩和を行いました。
改正後の契約約款は平成28年10月1日以降に締結する工事請負契約に使用いたしますが、すでに契約を締結している工事についても、同様の取扱いを希望される場合は、覚書を締結させていただきますので、ご連絡ください。

 制度の詳細についてはこちらをクリックしてください。 [105KB pdfファイル]