本文へ移動

東大和市

東大和市内の施設情報

「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」の公表について

 東京都と特別区及び東大和市を含む26市2町は、都市計画道路を計画的、効率的に整備するため、概ね10年間で優先的に整備すべき路線を定めた「事業化計画」を過去3回にわたり策定し、事業の推進に努めてきました。
 「区部における都市計画道路の整備方針(第三次事業化計画)」及び「多摩地域における都市計画道路の整備方針(第三次事業化計画)」は平成27年度までの計画としており、より効率的な道路整備を推進していくため、東京全体の第四次事業化計画を策定することとし、検討を進めてきました。
 これまでの検討を踏まえ、このたび「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」を取りまとめましたので、お知らします。
 詳しくは、東京都のホームページをご覧ください。
 

東大和市内の優先整備路線
路線名 区間 施行者
立川3・2・4号 新青梅街道線 狭山5丁目以東 約760m
立川3・3・30号 立川東大和線 青梅街道以北 約690m

立川3・4・17号 桜街道線

南街5丁目~6丁目 約530m
立川3・4・26号 東大和清水線 立川3・2・4号以北 約410m



 【整備方針のポイント】

  • 将来都市計画道路ネットワークの検証
    未着手の幹線街路を対象に、15の検証項目を設け、必要性の検証を実施しました。いずれの検証項目にも該当しない区間(9区間約4.9km)を「見直し候補路線(区間)」として位置づけ、平成28年度以降、地域の視点から改めて路線の必要性を検証していきます。
  • 第四次事業化計画(優先整備路線の選定)
    広域的な視点と地域的な視点から六つの選定項目を設定し、320箇所226kmを選定しました。なお、選定に当たっては、事業の継続性や実現性などを踏まえ、総合的に判断しました。
  • 新たな建築制限の緩和
    これまでの建築制限緩和の範囲を拡大し、優先整備路線を含む全ての都市計画道路区域内において、3階までの建築を可能とする新たな基準を設けます。
     

整備方針の内容

整備方針は、東京都のホームページ、都民情報ルーム(都庁第一庁舎3階)並びに都市計画課の窓口でご覧になれます。

東京都ホームページ(こちらをクリックしてください)

 

問合せ

東京都都市整備局都市基盤部街路計画課(電話03-5388-3379)

東大和市都市計画課(電話042-563-2111 内線1254)
 

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。 

       戻る  ページの先頭