平成26年4月~平成26年9月

予算の執行状況

一般会計と5つの特別会計を合わせた平成26年9月30日現在の歳入・歳出予算現額(当初予算額に補正予算額及び平成25年度繰越事業費を加えた額)は、494億7,584万円で、各会計の上半期の予算執行状況は、表1のとおりです。

一般会計

平成26年度の当初予算額は、283億6,600万円でした。その後の補正予算において、国や都の補助金や繰越金等を財源として、民間保育園施設整備補助事業費や小学校及び中学校環境整備事業費の増額等を計上し、前年度決算による繰越金等を財源として、財政調整基金や施設整備等基金に積み立てることとしました。
当初予算額に補正予算額等を加えた平成26年9月30日現在の予算現額は、300億3,080万8,000円となりました。<表2参照>

特別会計

各特別会計の予算執行状況等は、表1・表2のとおりです。
各会計とも、その設置目的に従い、事業の執行に努めています。

市債(借入金)の状況

道路及び下水道等の整備や学校等の施設整備など、将来にわたって効果が残る事業の財源については、市債(借入金)を活用しています。
市債の残高は、平成26年9月30日現在で約290億2,592万3,000円です。<表3参照>
市債については、下水道会計分を含む全体の残高は減少していますが、一般会計においては、臨時財政対策債の発行可能額が増額算定されたことなどにより、残高が増加しました。借入額については引き続き注意していく必要があります。<図1参照>

基金(積立金)の状況

一般会計の基金(積立金)には、年度間の財源調整を図る財政調整基金と福祉やまちづくりなどのための特定目的基金があります。
経費の削減による基金とりくずし額の抑制や、決算剰余金の積み立てなどにより、基金残高は増加しています。<図2参照>

市の財産

小・中学校等の公共施設の土地・建物の財産は、表4のとおりです。

<表1> 一般会計及び特別会計の予算執行状況 (平成26年9月30日現在)

 

会計名 予算現額
A
構成比 収入済額
B
支出済額
C
収入率
B/A×100
執行率
C/A×100
一般会計 300億3,080万8千円 60.7% 148億7,881万5千円 107億1,816万2千円 49.5% 35.7%
国民健康保険事業特別会計  97億108万6千円 19.6%

32億1,742万4千円

39億3,508万1千円 33.2% 40.6%
下水道事業特別会計 21億8,012万8千円 4.4% 4億4,670万5千円   9億833万5千円 20.5%

41.7%

土地区画整理事業特別会計 2億6,723万円 0.5% 4,426万1千円 4,886万1千円 16.6% 18.3%
介護保険事業特別会計

56億2,046万8千円

11.4% 19億4,733万7千円 19億2,476万5千円 34.6% 34.2%
後期高齢者医療特別会計 16億7,612万円   3.4%

3億7,936万4千円

5億3,238万7千円

22.6% 31.8%
合計  494億7,584万円 100.0% 209億1,390万6千円 180億6,759万1千円 42.3% 36.5%

 

<表2> 一般会計及び特別会計の予算の推移 (平成26年9月30日現在)

 

会計名 当初予算額
A
補正予算額
B
前年度からの繰越事業費
C
予算現額
D=A+B+C
補正予算額(歳出)の主な内容
一般会計 283億6,600万円 16億4,538万3千円 1,942万5千円 300億3,080万8千円 総務費:1億7,345万円増額
(福祉関係返還金の計上及び市税過誤納還付金の増額等)
民生費:1億3,247万5,000円増額(民間保育園施設整備補助事業費、民間保育園運営委託・補助事業費等の増額)
教育費:5,266万1,000円増額(小学校及び中学校環境整備事業費、教育指導管理事務費の増額等)
諸支出金:11億3,710万円増額(施設整備等基金、財政調整基金、減債基金積立金の計上)
国民健康保険事業特別会計 96億2,166万8千円 7,941万8千円 0円 97億108万6千円 前年度決算(精算)に伴う返還金4,555万2,000円及び一般会計繰出金3,232万2,000円の計上等

下水道事業特別会計

21億8,012万 8千円 0円 0円 21億8,012万8千円  
土地区画整理事業特別会計 2億6,723万円 0円 0円 2億6,723万円  
介護保険事業特別会計 53億9,059万4千円 2億2,987万4千円 0円 56億2,046万8千円 前年度決算(精算)に伴う介護給付費等準備基金積立金1億4,459万2,000円の計上等
後期高齢者医療特別会計 16億4,176万2千円 3,435万8千円 0円 16億7,612万円

前年度決算(精算)に伴う一般会計繰出金3,661万円の計上等

合計 474億6,738万2千円 19億8,903万3千円 1,942万5千円 494億7,584万円  

 

<表3> 市債(借入金)の状況 (平成26年9月30日現在)

 

区分 残高 構成比
一般会計 175億9,325万6,821円 60.6%
下水道事業特別会計 114億3,266万5,800円 39.4%
合計 290億2,592万2,621円 100.0%

 

<表4> 市の財産 (平成26年9月30日現在)

 

区分 面積 内容
土地 525,365平方メートル 小学校、中学校、公民館、公園、庁舎など
建物(延面積) 140,264平方メートル 小学校、中学校、公民館、公園、庁舎など

 

<図1> 市債(借入金)残高の推移

※平成22~25年度は決算数値、平成26年度は平成26年9月30日現在の数値。

 

<図2>  基金(積立金)現在高の推移

 ※平成22~25年度は決算数値、平成26年度は9月補正予算現在の見込み数値。