東大和市高齢者在宅サービスセンターむこうはら及び東大和市高齢者ほっと支援センターきよはら・東大和市高齢者在宅サービスセンターきよはらの指定管理者候補者の選定結果

東大和市高齢者在宅サービスセンター条例(平成12年条例第34号)第13条及び東大和市地域包括支援センター条例(平成17年条例第20号)第13条の規定により、以下のとおり東大和市高齢者在宅サービスセンターむこうはら及び東大和市高齢者ほっと支援センターきよはら・東大和市高齢者在宅サービスセンターきよはらの指定管理者候補者を選定しました。選定については、副市長、部長で構成する東大和市指定管理者選定委員会において行いました。

なお、指定管理者の指定にあたっては、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第6項並びに東大和市高齢者在宅サービスセンター条例第13条第4項及び東大和市地域包括支援センター条例第13条第4項の規定により、議会の議決を経る必要があり、平成25年第3回市議会定例会に指定の議案を提出します。市議会の議決が得られた場合には、市と指定管理者とで協定を締結し、平成26年4月から指定管理者による管理運営を開始します。

施設名称 指定管理者候補者 指定期間
東大和市高齢者在宅サービスセンターむこうはら 社会福祉法人 向会 平成26年4月1日~平成31年3月31日

東大和市高齢者ほっと支援センターきよはら・ 東大和市高齢者在宅サービスセンターきよはら

社会福祉法人 多摩大和園 平成26年4月1日~平成31年3月31日

募集の概要

  1. 募集要項の配布:平成25年4月9日(火曜日)~平成25年4月16日(水曜日)
  2. 応募書類の受付:平成25年5月13日(月曜日)・14日(火曜日)
  3. 応募団体
    東大和市高齢者在宅サービスセンターむこうはら…1団体
    東大和市高齢者ほっと支援センターきよはら・東大和市高齢者在宅サービスセンターきよはら…1団体

選定の概要

  1. 東大和市指定管理者選定委員会(6名)
     副市長、企画財政部長、総務部長、子ども生活部長、福祉部長、社会教育部長
  2. 応募資格・条件(東大和市高齢者在宅サービスセンターむこうはら及び東大和市高齢者ほっと支援センターきよはら・東大和市高齢者在宅サービスセンターきよはら共通)
    (1) 応募資格:応募資格は以下のとおり。応募団体は全て該当している。
      東大和市内または東大和市に隣接する市(東村山市、小平市、立川市、武蔵村山市に限る)において、老人福祉法第5条の3に規定する老人福祉施設を概ね3年以上経営している社会福祉法人または医療法人であり、かつ、介護保険法第70条に規定する指定居宅サービス事業者または同法第115条の2に規定する指定介護予防サービス事業者として事業を運営している実績があること。
    (2) 応募者の制限は以下のとおり。応募団体のうち欠格団体はなし。
       ア 破産者で復権を得ない法人
       イ 国税または地方税を滞納している法人
       ウ 地方自治法第244条の2第11項の規定により東大和市または他の地方公共団体から指定を取り消された法人で、その取消しの日から2年を経過しないもの
       エ 市長、副市長若しくは地方自治法第180条の5の規定により設置する委員会の委員若しくは 監査委員(以下これらを「市長等」という。)または議員が、役員若しくはこれに準ずべき者または支配人となっている法人(市長等にあっては、東大和市が資本金、基本金その他これらに準ずべきものの2分の1以上出資している法人を除く。)
       オ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団またはその利益となる活動を行っている法人
       カ 役員またはこれに準ずべき者が次のいずれかに該当している法人
         (ア) 破産者で復権を得ないもの
         (イ) 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から2年を経過しないもの
         (ウ) 公務員であった者で懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しないもの
       キ 民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき更正または更正手続きをしている法人
       ク 指定管理者の選定を行う選定委員及びその家族の属する法人
  3. 審査
    (1) 第1次審査(書類審査)
      第1回指定管理者選定委員会 平成25年6月26日(水曜日)
      東大和市指定管理者選定委員会選定要領に基づき、評価表の項目ごとに委員の合議により採点を行い、配点合計の概ね6割を得点した団体を第1次審査通過団体とした。
          ア 東大和市高齢者在宅サービスセンターむこうはら 
    第1次審査結果(単位:点)
    評価項目 社会福祉法人 向会
    市民の平等な利用を確保することができるものであるか(10点)(小計)

    8

    ア 高齢者福祉事業に対する理念
    • 法人の理念・姿勢等が、施設の目的及び市の管理の方針に合致しているか
    4

    イ 市民の施設の平等な利用の確保

    • 施設の役割を踏まえた、利用者の平等な利用が図られる内容となっているか
    • 利用者の希望等は反映されるか
    • 食事の提供に要する費用の金額設定についての考え方となっているか 
    4
    基本事業計画書の内容が、当該施設の効用を最大限に発揮させるものであるか、また、管理の効率化を図ることができるものであるか(10点)(小計) 6

    ア 事業の効率化を見据えた運営方針

    • 当該施設の事業効果を発揮できるものであるか
    • 利用者へのサービスの工夫がなされているか
    3
    イ 経費の縮減効果
    • 管理、運営に係る経費の縮減が図られる内容となっているか
    • 収支計画は、経費縮減を見込んだ内容となっているか
    • 再委託にあたっての考え方となっているのか
    • 施設に関する管理業務についての考え方となっているのか
    3

    基本事業計画書に沿った管理を安定して行うために必要な物的能力及び人的能力を有しているか(25点)(小計)

    20
    ア 安定した運営が可能となる物的基盤
    • 安定した運営が可能な財政基盤であるか
    • 財務状況等は健全か
    • 財務書類等は適切に作成されているか
    4
    イ 組織・人員体制の整備
    • 専門的な資格、技術等を有する人材を有しているか
    • 職員の教育、研修が適切に実施される等、職員の質の向上に向けた体制が確立されているか
    4
    ウ 労働法規等の遵守
    • 職員の勤務体制等は適切であるか
    4
    エ 安全管理体制の整備
    • 利用者の安全を確保することができる内容となっているか
    • 衛生管理対策、事故防止対策等リスクマネジメント体制への取組はどうか
    • 現金取扱、書類等の管理方法が適切であるか
    4
    オ 個人情報保護対策
    • 個人情報保護対策は適切であるか
    • 利用者の記録の保管方法が適切であるか
    4

    当該施設の適正な管理に支障を及ぼすおそれがないか(15点)(小計)

    11
    ア 事業実績
    • 過去に同様な業務に関する実績があるか
    4
    イ 苦情対応
    • 利用者等からの相談、苦情などに対し、迅速な対応を図る体制となっているか
    4
    ウ 公共性への配慮
    • 地域との連携等の取組はどうか
    3
    合計(60点満点) 45

   

    イ 東大和市高齢者ほっと支援センターきよはら・東大和市高齢者在宅サービスセンターきよはら    

第1次審査結果(単位:点)
評価項目

 社会福祉法人 多摩大和園

市民の平等な利用を確保することができるものであるか(10点)(小計)

8

ア 高齢者福祉事業に対する理念
  • 法人の理念・姿勢等が、施設の目的及び市の管理の方針に合致しているか
4
イ 市民の施設の平等な利用の確保
  • 施設の役割を踏まえた、利用者の平等な利用が図られる内容となっているか
  • 利用者の希望等は反映されるか
  • 食事の提供に要する費用の金額設定についての考え方となっているか
4
基本事業計画書の内容が、当該施設の効用を最大限に発揮させるものであるか、また、管理の効率化を図ることができるものであるか(10点)(小計) 8

ア 事業の効率化を見据えた運営方針

  • 当該施設の事業効果を発揮できるものであるか
  • 利用者へのサービスの工夫がなされているか
4
イ 経費の縮減効果
  • 管理、運営に係る経費の縮減が図られる内容となっているか
  • 収支計画は、経費縮減を見込んだ内容となっているか
  • 再委託にあたっての考え方となっているのか
  • 施設に関する管理業務についての考え方となっているのか
4

基本事業計画書に沿った管理を安定して行うために必要な物的能力及び人的能力を有しいるか(25点)(小計)

19
ア 安定した運営が可能となる物的基盤
  • 安定した運営が可能な財政基盤であるか
  • 財務状況等は健全か
  • 財務書類等は適切に作成されているか
4
イ 組織・人員体制の整備
  • 専門的な資格、技術等を有する人材を有しているか
  • 職員の教育、研修が適切に実施される等、職員の質の向上に向けた体制が確立されているか
  • 地域包括支援センターについては、有資格者を配慮して安定した運営ができる体制を整えられるか
3
ウ 労働法規等の遵守
  • 職員の勤務体制等は適切であるか
4
エ 安全管理等の体制の整備
  • 利用者の安全を確保することができる内容となっているか
  • 衛生管理対策、事故防止対策等リスクマネジメント体制への取組はどうか
  • 現金取扱、書類等の管理方法が適切であるか
4
オ 個人情報保護対策
  • 個人情報保護対策は適切であるか
  • 利用者の記録の保管方法が適切であるか
4

当該施設の適正な管理に支障を及ぼすおそれがないか(15点)(小計)

12
ア 事業実績
  • 過去に同様な業務に関する実績があるか
4
イ 苦情対応
  • 利用者等からの相談、苦情などに対し、迅速な対応を図る体制となっているか
4
ウ 公共性への配慮
  • 地域との連携等の取組はどうか
4
 合計(60点満点)  47

  (2) 第2次審査(プレゼンテーション及びヒアリング)平成25年7月11日(木曜日)
    東大和市高齢者在宅サービスセンターむこうはら及び東大和市高齢者ほっと支援センターきよはら・東大和市高齢者在宅サービスセンターきよはらの第1次審査通過団体に対し、プレゼンテーション及びヒアリングを行った。

選定結果 

  1. 第2回指定管理者選定委員会 平成25年7月16日(火曜日)
    (1) 東大和市高齢者在宅サービスセンターむこうはら
        東大和市指定管理者選定委員会選定要領に基づき、委員全員の評価表を集計し、採点を行った結果、下記のとおり276点(360点満点)となった。採点の結果に基づき、委員の合議により東大和市高齢者在宅サービスセンターむこうはらの指定管理者候補者を社会福祉法人向会に選定した。 

選定結果(単位:点)
評価項目

 社会福祉法人 多摩大和園

市民の平等な利用を確保することができるものであるか(60点)(小計)

51

ア 高齢者福祉事業に対する理念
  • 法人の理念・姿勢等が、施設の目的及び市の管理の方針に合致しているか
26
イ 市民の施設の平等な利用の確保
  • 施設の役割を踏まえた、利用者の平等な利用が図られる内容となっているか
  • 利用者の希望等は反映されるか
  • 食事の提供に要する費用の金額設定についての考え方となっているか
25
基本事業計画書の内容が、当該施設の効用を最大限に発揮させるものであるか、また、管理の効率化を図ることができるものであるか(60点)(小計) 49

ア 事業の効率化を見据えた運営方針

  • 当該施設の事業効果を発揮できるものであるか
  • 利用者へのサービスの工夫がなされているか
24
イ 経費の縮減効果
  • 管理、運営に係る経費の縮減が図られる内容となっているか
  • 収支計画は、経費縮減を見込んだ内容となっているか
  • 再委託にあたっての考え方となっているのか
  • 施設に関する管理業務についての考え方となっているのか
25

基本事業計画書に沿った管理を安定して行うために必要な物的能力及び人的能力を有しいるか(150点)(小計)

117
ア 安定した運営が可能となる物的基盤
  • 安定した運営が可能な財政基盤であるか
  • 財務状況等は健全か
  • 財務書類等は適切に作成されているか
23
イ 組織・人員体制の整備
  • 専門的な資格、技術等を有する人材を有しているか
  • 職員の教育、研修が適切に実施される等、職員の質の向上に向けた体制が確立されているか
  • 地域包括支援センターについては、有資格者を配慮して安定した運営ができる体制を整えられるか
24
ウ 労働法規等の遵守
  • 職員の勤務体制等は適切であるか
22
エ 安全管理等の体制の整備
  • 利用者の安全を確保することができる内容となっているか
  • 衛生管理対策、事故防止対策等リスクマネジメント体制への取組はどうか
  • 現金取扱、書類等の管理方法が適切であるか
25
オ 個人情報保護対策
  • 個人情報保護対策は適切であるか
  • 利用者の記録の保管方法が適切であるか
23

当該施設の適正な管理に支障を及ぼすおそれがないか(90点)(小計)

71
ア 事業実績
  • 過去に同様な業務に関する実績があるか
23
イ 苦情対応
  • 利用者等からの相談、苦情などに対し、迅速な対応を図る体制となっているか
24
ウ 公共性への配慮
  • 地域との連携等の取組はどうか
24
合計(360点満点) 288
  

       (2) 東大和市高齢者ほっと支援センターきよはら・東大和市高齢者在宅サービスセンターきよはら
       東大和市指定管理者選定委員会選定要領に基づき、委員全員の評価表を集計し、採点を行った結果、下記のとおり288点(360点満点)となった。採点の結果に基づき、委員の合議により東大和市高齢者ほっと支援センターきよはら・東大和市高齢者在宅サービスセンターきよはらの指定管理者候補者を社会福祉法人多摩大和園に選定した。 

選定結果(単位:点)
評価項目

 社会福祉法人 向会

市民の平等な利用を確保することができるものであるか(60点)(小計) 

52

ア 高齢者福祉事業に対する理念
  • 法人の理念・姿勢等が、施設の目的及び市の管理の方針に合致しているか
26
イ 市民の施設の平等な利用の確保
  • 施設の役割を踏まえた、利用者の平等な利用が図られる内容となっているか
  • 利用者の希望等は反映されるか
  • 食事の提供に要する費用の金額設定についての考え方となっているか 
26
基本事業計画書の内容が、当該施設の効用を最大限に発揮させるものであるか、また、管理の効率化を図ることができるものであるか(60点)(小計) 44

ア 事業の効率化を見据えた運営方針

  • 当該施設の事業効果を発揮できるものであるか
  • 利用者へのサービスの工夫がなされているか
23
イ 経費の縮減効果
  • 管理、運営に係る経費の縮減が図られる内容となっているか
  • 収支計画は、経費縮減を見込んだ内容となっているか
  • 再委託にあたっての考え方となっているのか
  • 施設に関する管理業務についての考え方となっているのか
21

基本事業計画書に沿った管理を安定して行うために必要な物的能力及び人的能力を有しているか(150点)(小計)

110
ア 安定した運営が可能となる物的基盤
  • 安定した運営が可能な財政基盤であるか
  • 財務状況等は健全か
  • 財務書類等は適切に作成されているか
22
イ 組織・人員体制の整備
  • 専門的な資格、技術等を有する人材を有しているか
  • 職員の教育、研修が適切に実施される等、職員の質の向上に向けた体制が確立されているか
23
ウ 労働法規等の遵守
  • 職員の勤務体制等は適切であるか
20
エ 安全管理体制の整備
  • 利用者の安全を確保することができる内容となっているか
  • 衛生管理対策、事故防止対策等リスクマネジメント体制への取組はどうか
  • 現金取扱、書類等の管理方法が適切であるか
24
オ 個人情報保護対策
  • 個人情報保護対策は適切であるか
  • 利用者の記録の保管方法が適切であるか
21

当該施設の適正な管理に支障を及ぼすおそれがないか(90(小計)

 70
ア 事業実績
  • 過去に同様な業務に関する実績があるか
24
イ 苦情対応
  • 利用者等からの相談、苦情などに対し、迅速な対応を図る体制となっているか
24
ウ 公共性への配慮
  • 地域との連携等の取組はどうか
22
合計(360点満点) 276

今後の予定

  • 指定管理者の指定に関する議決:平成25年9月
  • 指定管理者による管理運営の開始:平成26年4月1日