本文へ移動

東大和市

東大和市内の施設情報

住民意向調査の結果について

調査の概要

市では、東京都が進める新青梅街道拡幅事業に伴い、沿線の土地利用の変化が見込まれ、後背地の住環境や農地の保全、生活道路等の整備を適切に誘導していく必要があることから、沿線及び後背地を含めた地区に市民の皆様と協働で街づくりのルールを定めることの検討を始めています。
このルールづくりの検討に当たり、対象地区内の土地に権利をお持ちの方のお考えを伺うため、次のように意向調査を実施しました。
多くの方にご協力をいただきまして、大変ありがとうございました。

調査方法

調査地区

新青梅街道沿線の芋窪6丁目及び上北台1丁目各地内

調査対象

対象地区内の土地に権利をお持ちの方

調査方法

郵送による配布・回収

調査時期

平成25年2月

回収結果

配布数

175件(法人含む)

回収数

115件

回収率

65.7%

集計結果の概要

対象地区に居住している方は今後も現在お住まいの場所に住み続けたいと考えている方が多かった反面、道路や公園に対する満足度が低く、走路や公園等の公共施設の整備を望む意見が多くなっていたことから、基盤整備の必要性がうかがえます。

地区別でみると、新青梅街道沿線では用途制限を求める意見が多く、住環境を保全するために商業施設の進出も考えられる幹線道路沿線での用途制限の必要性がうかがえます。また、新青梅街道沿線以外の地域では、日当たり、風通しなどの空間のゆとりに対する満足度が高く、乱開発により密集住宅地になることを避け、空間のゆとりを保つという意見が多かったことから、最低敷地面積や壁面の位置の制限の導入が考えられます。

集計結果の詳細については以下の通りとなります。

集計結果(問10以外) [294KB pdfファイル] 

集計結果(問10) [136KB pdfファイル] 

自由意見 [126KB pdfファイル] 

 

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

       戻る  ページの先頭