東大和市民会館の指定管理者候補者の選定結果

東大和市民会館条例(平成12年条例第49号)第16条の規定により、以下のとおり東大和市民会館の指定管理者候補者を選定しました。選定については、副市長、部長で構成する東大和市指定管理者選定委員会において行いました。

なお、指定管理者の指定にあたっては、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第6項及び東大和市民会館条例第16条第4項の規定により、議会の議決を経る必要があり、平成30年第2回市議会定例会に指定の議案を提出します。市議会の議決が得られた場合には、市と指定管理者とで協定を締結し、平成31年4月から指定管理者による管理運営を開始します。

施設名称 指定管理者候補者 指定期間
東大和市民会館 株式会社コンベンションリンケージ

平成31年4月1日~平成36年3月31日

募集の概要

  1. 募集要項の配布 平成29年12月1日(金曜日)~平成29年12月14日(木曜日)
  2. 応募書類の受付 平成30年1月16日(火曜日)・17日(水曜日)
  3. 応募団体 2団体

選定の概要

  1. 東大和市指定管理者選定委員会(6人)副市長、企画財政部長、総務部長、市民部長、福祉部長、社会教育部長 
  2. 応募資格・条件
    (1) 応募資格 応募資格は以下のとおり。応募団体はすべて該当している。
       法人その他の団体(以下「法人等」という。)であること(法人格の有無は問いません)。
    (2) 応募者の制限は以下のとおり。応募団体のうち欠格団体はなし。
     法人等又はその代表者が、次に該当する団体は応募者となることができません。また、応募者は当該団体から直接又は間接に支援を受けることはできません。なお、協定締結までの期間に次の要件に該当となった場合は、指定管理者としての資格を喪失したものとします。
       ア 破産者で復権を得ない法人等
       イ 国税又は地方税を滞納している法人等
       ウ 地方自治法(昭和22年法律第67条)第244条の2第11項の規定により市又は他の地方公共団体から指定を取り消された法人等で、その取消しの日から2年を経過しないもの
       エ 市長、副市長若しくは地方自治法第180条の5の規定により設置する委員会の委員若しくは 監査委員(以下これらを「市長等」という。)又は議員が、役員若しくはこれに準ずべき者又は支配人となっている法人等(市長等にあっては、東大和市が資本金、基本金その他これらに準ずべきものの2分の1以上出資している法人等を除く。)
       オ  暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団又はその利益となる活動を行っている法人等
       カ  役員又はこれに準ずべき者が次のいずれかに該当している法人等
          (ア) 破産者で復権を得ないもの
          (イ) 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者
          (ウ) 公務員であった者で懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しないもの
       キ 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第2項各号の規定に該当する団体
       ク 応募書類提出時点において、東大和市の一般競争入札の参加停止又は指名競争入札の指名停止等の措置を受けている団体
       ケ 東大和市契約における暴力団等排除措置要綱に基づく入札参加除外措置を受けている団体
       コ 会社更生法(平成14年法律第154号)、民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき更正又は更正手続きをしている法人
       サ   指定管理者の選定を行う選定委員及びその家族の属する団体
  3. 審査方法
    (1)第1次審査(書類審査)
     平成30年1月24日(水曜日)
     応募団体からの提出書類を確認した後、評価項目ごとに委員の合議により採点を行い、第1次審査通過団体を選定した。
    (2)類似施設視察
       平成30年3月19日(月曜日)
       選定の参考として、第1次審査通過団体の運営・管理する類似施設の視察を行った。
    (3)第2次審査
       ア   プレゼンテーション及びヒアリング
          平成30年3月20日(火曜日)
          第1次審査通過団体に対して、プレゼンテーション及びヒアリングを実施した。
       イ   審議
          平成30年3月27日(火曜日)
          委員全員の第2次審査評価表を集計した結果に基づき審議を行った。

選定結果

  1. 東大和市指定管理者選定要領では、第1次審査通過団体は、配点合計の概ね6割を得点したもののうち、上位4団体以内(同点のため4者を超えるときは、当該数の団体)を選定することとしている。評価項目ごとに委員の合議により採点を行い、審議した結果、以下の第1次審査結果.pdfファイルのとおりとなり、応募のあった2団体ともに第1次審査を通過した。
    第1次審査結果 [136 KB]
    第1次審査結果の評点が記載されたPDFファイル。2団体とも合計点が71点の同点。
  2. 東大和市指定管理者選定委員会選定要領では、委員全員の評価表を集計した結果に基づき審議を行い、評点が最も高い団体を指定管理者候補者として選定することとしている。プレゼンテーション及び、ヒアリングをもとに委員全員の評価表を集計した結果、以下の第2次審査結果.pdfファイルのとおりとなり、評点の高い株式会社コンベンションリンゲージを指定管理者候補者として選定した。
    第2次審査結果 [136 KB]
    第2次審査結果の評点が記載されたPDFファイル。株式会社コンベンションリンケージの合計点が421点。B団体の合計点が414点。
  3. 選定理由
    株式会社コンベンションリンケージの提案内容のうち、評価された主な項目は以下のとおりである。
    ・来場者増について、積極的な取組が期待できること。
    ・地域の芸術文化の振興について、積極的な取組が期待できること。
    ・施設の稼働率改善について、積極的な取組が期待できること。
    ・賑わいの創出について、積極的な取組が期待できること。
    ・「日本一子育てしやすいまち」を目指した市の施策に即して、子ども及び子育て世代等に向けた芸術文化の振興事業及び奨励・普及事業に関する取組が提案されていること。

今後の予定

  • 指定管理者の指定に関する議決   平成30年6月
  • 指定管理者による管理運営の開始   平成31年4月1日