審議事項

  1. 平成24年第1回東大和市議会定例会一般質問について
    (内容) 
    • 一般質問の内容について検討した。 

(結果) 決定

  1. 東大和市小口事業資金融資条例施行規則の一部を改正する規則について
    (説明)市民部長
    (内容) 
    • 小口事業資金融資制度において、独立開業資金については第三者の連帯保証人を必要としないよう条例改正を行うことに伴い、標記規則の一部改正を行うものである。 
    • 主な改正点
      • 第4条中「及び第9条第2項第2号」を削る。
      • 第5条中第3項を削り、第4項を第3項とする。 
      • 第3号様式から連帯保証人欄を削除する。
    • 施行日:公布の日 

(結果) 決定

  1. 東大和市住宅改善資金融資条例施行規則を廃止する規則について
    (説明)子ども生活部長
    (内容) 
    • 根拠条例が廃止されることに伴い、標記規則を廃止するものである。 
    • 施行日:平成24年4月1日  

(結果) 決定

  1. 東大和市立新堀地区会館図書室及び図書貸出規則を廃止する規則について
    (説明)子ども生活部長
    (内容) 
    • 新堀地区会館における図書貸出事業については、平成19年1月に近隣の清原図書館が開館した以降、貸出冊数が減少し、利用実績の低い状態が続いている。
      そこで、事務の効率化を図る観点から、当該地区会館における図書貸出事業を廃止することとし、標記規則を廃止するものである。 
    • 経過措置:この規則の施行の際、現に図書の貸し出しを受けている場合は、なお従前の例(利用は、1人1回2冊までとし、貸出期間は2週間以内とする。)による。
    • 施行日:平成24年4月1日  

(結果) 決定

  1. 東大和市立学習等供用施設条例施行規則の一部を改正する規則について
    (説明)子ども生活部長
    (内容) 
    • 東大和市立新堀地区会館図書室及び図書貸出規則の廃止に伴い、学習等供用施設である新堀地区会館図書室の利用について必要な事項を規定するため、標記規則の一部改正を行うものである。 
    • 主な改正点 
      便宜の供与事業(掲示・展示のための利用、新堀地区会館の図書室の利用)として必要な条項を定める。
    • 施行日:平成24年4月1日  

(結果) 決定

  1. 東大和市立みのり福祉園条例施行規則の一部を改正する規則について
    (説明)福祉部長
    (内容) 
    • 障害者自立支援法の一部改正に伴い、引用する条項に変更があったため、標記規則の一部改正を行うものである。 
    • 主な改正点 
      第4条第1号中「第22条第5項」を「第22条第8項」に改め、同条第4項中「の規定により厚生労働大臣が」を「に規定する東京都の条例で」に改める。
    • 施行日:平成24年4月1日  

(結果) 決定

  1. 東大和市及び武蔵村山市の図書館の相互利用に関する基本協定について
    (説明)社会教育部長
    (内容) 
    • 図書館奉仕の一層の充実を図り、市民の自主的学習の場を拡充するとともに、市民の文化及び教養の向上に寄与することを目的とした図書館の相互利用について、平成15年4月1日に開始した東村山市に加え、平成24年4月1日から武蔵村山市との間においても開始するものである。
      なお、対象とする武蔵村山市の施設に、図書館法に基づかない学習等供用施設が含まれることから、相互利用にあたって、両市長による基本協定を締結するものである。 
    • 相互利用開始日:平成24年4月1日  

(結果) 決定

報告事項

  1. 平成23年度社会を明るくする運動主要事業 中学生の意見発表記録について
    (説明)福祉部長
    (内容)
    • 法務省の主唱による全国的な運動の一環として、推進委員会を組織し、啓発活動等を実施している東大和市の社会を明るくする運動について、平成23年7月に実施した事業に係る標記記録が完成したことから、関係者等に配布するものである。 
    • 配布先 
      • 市議会議員 
      • 社会を明るくする運動推進委員
      • 発表者(中学生)
      • 各地区青少年対策委員
      • 市内小・中学校
      • 中学生実行委員 
  2. 東大和市交通安全計画(平成23年度~平成27年度)について
    (説明)建設環境部長
    (内容)  
    • 当該計画は、交通安全対策基本法の規定に基づき、東京都交通安全計画を指針として策定するものであり、計画期間は5年である。
      前計画の終了に伴い、東大和市交通安全対策審議会の答申を踏まえた標記計画を策定したことについて、報告するものである。   
  3. 東大和市及び武蔵村山市の図書館の相互利用に関する実施協定について
    (説明)社会教育部長
    (内容)  
    • 武蔵村山市との間における図書館相互利用の開始にあたり、両市長による基本協定を締結後、具体的な内容を含めた実施協定を締結することとなった。
      このことについて、平成24年第2回教育委員会で承認されたことから、報告するものである。 
    • 相互利用開始日:平成24年4月1日   
  4. 東村山市及び東大和市の図書館の相互利用に関する協定について
    (説明)社会教育部長
    (内容)  
    • 武蔵村山市との間における図書館相互利用の開始に伴い、既に実施してきた東村山市との協定内容に影響が生じたことから、改めて協定を締結することとなった。
      このことについて、平成24年第2回教育委員会で承認されたことから、報告するものである。 
    • 主な改正点 
      • 第4条(図書館奉仕の範囲)第2項に相互利用に関する特約事項を追加し、第6条(個人情報の保護)及び第7条(相互協力)を追加する。
      • その他文言整理 
    • 新協定による相互利用開始日:平成24年4月1日
  5. 東大和市公金の預金口座振替等事務取扱要領の一部を改正する要領について(当日追加)
    (説明)会計管理者
    (内容)
    • 平成24年度から、市民税等について、納期限ごとの口座振替に加えて、第1期目の納期に全期分を前納する「全期前納」の口座振替制度を開始することに伴い、標記要領の一部改正を行うものである。
    • 主な改正点
      • 第2条の口座振替により納付することができる市税等に係る文言を整理
      • 第5条に全期前納を行う税目(市(都)民税、固定資産税・都市計画税及び国民健康保険税)及びその振替日(各税目の第1期目の納期)についての条項を追加
    • 施行日:平成24年4月1日

単年度要綱

なし。