審議事項

  1. 平成23年第3回東大和市議会定例会一般質問について
    (説明)企画財政部長
    (内容)
    • 一般質問の内容について検討した。   
    (結果) 決定 

報告事項

  1. 東大和市生命保険年金の税務上の取り扱いの変更に伴う個人住民税の返還金等取扱要綱について
    (説明)市民部長
    (内容) 
    • 平成23年6月30日付の租税特別措置法等の改正により、相続又は贈与等に係る保険年金の保険受取人等に対する課税において、いわゆる「二重課税」として還付金が生じるものの、既に時効が成立している場合の救済措置として、特別還付が実施されることとなった。当該国の救済措置実施を受け、市民税についても同様の措置を講じる必要があることから、標記の要綱を制定するものである。 
    • 主な改正点
      • 目的:相続又は贈与等に係る保険契約等に基づく年金所得の減額等について、個人市民税及び個人都民税の還付のできない年度分の納め過ぎとなっている返還金及び返還加算金を給付することにより、当該納税者を救済し、もって税務行政に対する信頼を確保することを目的とする。 
      • 対象年度:平成13~17年度の相当分について返還する。
      • 申請の受付期間:平成23年10月1日~平成24年9月30日 
    • 施行日:平成23年10月1日
    • 主な質疑
      Q:遡及限度は?
      A:通常5年度が限度であるが、特別返還として10年度前までの分を遡及返還する。
  2. 東大和市スポーツ推進委員に関する規則について
    (説明)社会教育部長
    (内容)  
    • スポーツ振興法の全部改正に伴い「体育指導委員」が「スポーツ推進委員」に名称変更されたことを受け、東大和市スポーツ推進委員に関する規則を標記規則に全部改正するものである。 
    • 施行日:公布の日   
  3. 東大和市教育委員会事務局処務規則の一部を改正する規則について
    (説明)学校教育部長
    (内容)  
    • スポーツ振興法の全部改正に伴い、標記規則の一部を改正するものである。 
    • 主な改正点 
      第9条第1項の表、社会教育課の部生涯学習係の項第8号中「体育指導委員」を「スポーツ推進委員」に改める。
    • 施行日:公布の日
  4. 東大和市災害時要援護者避難支援プラン(全体計画)について(当日追加)
    (説明)福祉部長
    (内容)
    • 本年5月に素案に対する市民意見を募集し、当該市民意見ならびに東大和市災害時要援護者対策検討委員会における検討の結果を踏まえ、ここで標記計画を策定したことから、報告するものである。
    • 計画の主な内容
      災害時要援護者に係る災害時の避難行動及び避難生活を支援するため、「自助・共助・公助」による支援体制の構築等の推進を図り避難支援全般に係る体制や災害発生時の対応、「個別支援計画」の作成方針等の基本的な事項について定める。
    • 公表等
      • 公表:9月15日号市報・ホームページにて周知し、福祉推進課窓口、市民センター、公民館、ホームページにて計画の閲覧・配布を行う。また、素案に対し寄せられた市民意見等の概要及び意見等に対する市の考えについて、ホームページ等で公表する。
      • 関係団体への周知:市報・ホームページでの周知以降、関係する団体等へ計画策定について周知を行う。
    • 主な質疑
      Q:この後作成する個別計画は、どのぐらいの方が対象?
      A:今年度は、モデルプランとしての実施を検討しているが、全体の対象者数としては、延べ6,100人程度を想定している。

単年度要綱

なし。