インターネットを利用した、東京電子自治体共同運営の電子調達サービスによる入札参加資格の有効期限は、事業者の決算月ごとに異なります。具体的には、登録申請した月の直前の決算月の翌月から1年8ヶ月の末日が資格の有効期限です。

 有効期限内に継続申請をし、かつ承認をされないと資格が失効し、入札等に参加できなくなります。

 

決算月 有効期限
1月 9月末日まで
2月 10月末日まで
3月 11月末日まで
4月 12月末日まで
5月 1月末日まで
6月 2月末日まで
決算月 有効期限
7月 3月末日まで
8月 4月末日まで
9月 5月末日まで
10月 6月末日まで
11月 7月末日まで
12月 8月末日まで

※個人事業者は、12月が決算月になります。

 現在の有効期限後も継続して入札参加資格を希望される事業者の方は、毎年、決算終了から8ヶ月以内に継続申請が必要になります。なお、資格の審査には必要書類が審査担当自治体に届いてから1週間程度かかりますので、お早めに手続きください。

※電子調達サービス(東京電子自治体共同運営)のホームページはこちら