平成17年4月に「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が施行され、公共工事の発注者には、価格と品質が総合的に優れた調達を行うことにより、
品質確保の促進を図ることが求められています。
東大和市においても、令和4年度より、公共工事の品質確保のための取り組みとして、総合評価方式を試行導入しました。
詳細については「東大和市総合評価方式実施ガイドライン」をご覧ください。

東大和市総合評価方式ガイドライン [ 2005 KB pdfファイル]