これまで、私たちはさまざまな探査機を太陽系の惑星に送り込みました。地上からながめるだけではわからない姿をとらえるためです。1976年、初めて火星に着陸した探査機バイキングから送られてきた映像は、まるで私たちがその場にいるかのようでした。数々の探査機が少しずつ明らかにしてきた太陽系の姿を目の当たりにするたびに、ワクワクしました。探査機とともに惑星探査の歴史をたどる旅に出かけましょう。

前半は季節の星座解説をお楽しみください。 

投影期間

2021年3月20日(祝日・土曜日)~6月13日(日曜日)

このほかのプラネタリウム番組や郷土博物館のイベントについては、郷土博物館トップページをご覧ください。

投影開始時間

平日も土・日・祝日も午後3時から(休館日を除く)
 

春番組期間中のそのほかの番組ラインナップはこちらをご覧ください。

場所

郷土博物館プラネタリウム

観覧料

大人300円、小・中学生100円、未就学児は無料

期間中の休館日

月曜日(5月3日は開館)、3月23日(火曜日)、4月30日(金曜日)、5月6日(木曜日) 

詳しくは郷土博物館休館日カレンダーをご覧ください。