宮沢賢治作の物語をKAGAYA氏が精細なコンピューターグラフィックで表現しました。幻想的な風景がプラネタリウムドームいっぱいに広がります。
賢治さんが思い描いた銀河鉄道に一緒に乗り込んで旅をしましょう。桑島法子さんの朗読でお楽しみください。

前半はメガスターの星空をお楽しみください。 

 投影期間

2018年6月17日(日曜日)から9月9日(日曜日)まで

投影開始時刻

土曜日・日曜日・祝日 午後1時
ただし、8月7日(火曜日)~17日(金曜日)は平日も午後1時に投影します。(休館日は除く)

※7月7日(土曜日)・8日(日曜日)はすべて、七夕投影になります。

投影途中での入退場はできません。時間に余裕をもってお出かけください。 

その他の投影については夏番組ラインナップと投影時間をご覧ください。

場所 

郷土博物館

観覧料

大人300円、小・中学生100円

期間中の休館日

月曜日(7月16日は開館)、7月17日(火曜日)、8月14日(火曜日)

詳しくは博物館カレンダーをご覧ください。

このほかの博物館のイベントは郷土博物館トップページをご覧ください。