博物館のプラネタリウムはさまざまな番組ラインナップでみなさんのご来場をお待ちしています。

どの番組にも星座解説があります。メガスターの美しい星空とともにお楽しみください。

秋のプラネタリウム番組投影期間

2018年9月15日(土曜日)から12月2日(日曜日)まで

※下記の投影は特別番組にかわります。

 9月24日(土曜日)はすべて、季節の投影「お月見投影」 
 11月3日(祝日)・4日(日曜日)午前11時は、「ぼくたち惑星8兄弟」
 11月17日(土曜日)・18日(日曜日)午後3時は、「星空さんぽ」

番組と投影開始時刻(休館日は除く)

投影時間によって、午前11時の番組「ダイナソーDX~パタゴニア・巨大恐竜の謎~」
         午後1時の番組「ハローアース~そこに誰かいるのですか?~」
         午後3時の番組「星の見える丘」を投影します。

特別番組にかわることがありますのでご注意ください。

  午前11時 午後1時 午後3時
平日 (学校・団体)  (学校・団体)

 星の見える丘

土曜日・日曜日・祝日

ダイナソーDX 

ハローアース 

 星の見える丘

9月24日  お月見投影  お月見投影  お月見投影 
11月3日・4日

ぼくたち
惑星8兄弟

ハローアース 

 星の見える丘
11月17日・18日 ダイナソーDX  ハローアース

星空さんぽ

投影途中での入退場はできません。時間に余裕を持ってお出かけください。

場所

郷土博物館プラネタリウム

観覧料

大人300円、小・中学生100円、幼児は無料

博物館の入館料は無料です。

期間中の休館日

月曜日(9月17日、9月24日、10月8日は開館)と
9月18日(火曜日)、9月25日(火曜日)、10月9日(火曜日)、11月6日(火曜日)、11月27日(火曜日)

※11月13日(火曜日)は投影機の点検作業のため、プラネタリウムのみお休みです。

詳しくは博物館休館日カレンダーをご覧ください。