昨年大人気だった「ハナビリウム」が今年もプラネタリウムに登場します。

 花火のこども、ヒバナの冒険。主人公のヒバナは、将来、花火になるための学校に通っています。
でも実は落ちこぼれ。今日も学校をさぼって森の中へ行くと、そこで謎めいた『けむりのおじいさん』
と出会います。「ボク自信がないんだ。友達みたいにきれいな花火になんかなれないよ。無理なんだ」
そんなヒバナを見かねたけむりのおじいさんは、色とりどりの花火のしくみや魅力について語りはじ
めます。その世界に引き込まれるヒバナは次第に知られざる花火の歴史にも向き合ってゆくことに。

 花火師以外は決して入ることのできない「花火の真下」からの360度実写映像をお楽しみください。

前半は季節の星空をプラネタリウムで映し出します。

 投影期間

2021年6月19日(土曜日)~9月12日(日曜日)

 投影開始時刻

期間中の土曜日・日曜日・祝日 午前11時と午後1時

7月21日~8月24日は平日 午前11時も投影
8月11日・12日・13日は午後1時も投影

投影時間は約45分です。

※投影途中での入退場はできません。時間に余裕をもってお出かけください。

このほかの番組については、夏のプラネタリウム番組ラインナップをご覧ください。

場所 

郷土博物館

観覧料

大人300円、小・中学生100円、幼児は無料 

期間中の休館日

月曜日(8月9日は開館)、7月27日(火曜日)、8月10日(火曜日)

詳しくは博物館カレンダーをご覧ください。

(c)丸玉屋