円乗院の写真
 東大和公園の東側に隣接しています。
 この寺院は、過去に不慮の災禍で古記録が消失したため、創建当時の事情は定かではありません。ただ、この寺院にある歴代塔には、賢誉法印(平治元(1159)年寂)を始祖という記録があります。
 徳治2(1307)年の年号のある市内最古の板碑は、市郷土資料になっています。
 また、鐘楼門(梵鐘を懸けた山門)は、寛延2(1749)年に建てられたものです。
 山門と美しい庭園がやすらぎを与えてくれる静かな寺院です。