野火止用水の写真
 市の南端を流れる用水です。川越城主の松平伊豆守信綱により、承応4(1655)年に玉川上水から分水して作られました。
 昭和48(1973)年に流れが途絶えてしまいましたが、翌昭和49(1974)年に東京都歴史環境保全地域に指定され、昭和59(1984)年に清流が復活しました。
 野火止緑地の木々の緑と、流れとがあいまって、静かなくつろぎの場となっています。