東大和市駅前広場の写真
 青梅街道と桜街道が交差する市の南端にあります。
 駅は昭和25(1950)年に「青梅橋駅」として誕生し、昭和54(1979)年「東大和市駅」に改称。翌年、高架駅になり、平成元(1989)年に駅前広場が完成しました。
 多摩湖と取水塔を形どった噴水やトイレ、カリヨン(洋鐘)、植栽、レンガ貼りの歩道など、モダンな趣を見せています。