一小のいちょうの写真
 校庭のまん中に1本、どっしり立ったいちょうの木。第一小学校は大正12(1923)年に創立しました。いちょうの木はその翌年校庭に植えられたもので、当時は6本ありました。昭和27(1952)年に伐採されたとき、1本だけ残されることになりました。日よけの役目を果たしたり、葉の色の移りかわりが目を楽しませてくれたり、たくさんの児童たちと共に育ってきた木です。