東京都指定旧跡

蔵敷高札場

所在 東大和市蔵敷1丁目430番地

指定 大正11年8月

 

江戸時代、幕府や代官所からの告知は、高札といわれる木札に書いて知らせました。当時はどの村にもあり、名主宅の前などに高札場が設けられていました。明治時代になると使われなくなり、取り壊されてしまい、東大和市内ではここだけになってしまいました。