東大和市郷土資料

名号塔婆

所在 東大和市清水6丁目1140番地

指定 昭和49年9月20日

 

名号(みょうごう)とは、一般には阿弥陀仏の称号です。南無阿弥陀仏の六字を「六字名号」といい、これを彫りつけて供養、報恩のために立てた塔婆を名号塔婆といいます。

この名号塔婆は、元禄3(1690)年の造立であり、江戸時代に念仏講中を通じて連帯していた十カ村『清水村、宅部村、杉本村、林村、日向村、境村、廻田村、荒幡村、野口村、菩提木村』の村名が彫られています。これにより仏教信仰と清水村周辺の村名を知ることができます。

清水村の五十嵐一族の墓所にありましたが、村山貯水池の建設に伴い、墓石や大日石仏等と共に現在の地に移されたものです。