博物館のプラネタリウムはさまざまな番組でみなさんのご来場をお待ちしています。どの番組にも星座解説があります。メガスターの星空とともにお楽しみください。

プラネタリウム冬の番組投影期間

2021年1月5日(火曜日)~3月14日(日曜日)

冬のプラネタリウム番組ラインナップと投影開始時刻(休館日は除く)

冬の期間は投影時間によって、こども番組「ナナとハチ」、星空番組「光よりも速く!」、一般番組「冬の銀河の真ん中に~いっかくじゅう座を知っていますか?~」を投影します。

 

午前11時

午後1時 午後3時
平日    

冬の銀河の真ん中に

土曜日・日曜日・祝日

ナナとハチ

光よりも速く! 冬の銀河の真ん中に

投影途中での入退場はできません。時間に余裕を持ってお出かけください。


郷土博物館プラネタリウム

 

震災特別番組

詳細はこちらをご覧ください。

東日本大震災から10年。被災者がつづった星の記憶をプラネタリウム番組にしました。今年は2つの番組を投影します。星座解説はありません。なお、これらの番組は観覧無料です。ぜひ、ご覧ください。

観覧料

大人300円、小・中学生100円、未就学児は無料

※震災特別番組は無料

博物館の入館料は無料

期間中の休館日

博物館カレンダーをご覧ください。 

冬のラインナップ