認可外保育施設利用者に対する補助金制度

 認可外保育施設に対する補助金制度とは、認可保育園等の入園を待っていて、認可外保育施設や認証保育所(家庭福祉員を除く)を利用している場合に、保育料の一部(保育料の3分の1の額で、上限額21,000円)を市が補助する制度です。

  1. 補助対象児童
     認可保育園等の入園を待っている0~2歳のお子さん(年度初日の前日における年齢)
  2. 補助対象施設
    • 認可外保育施設(東京都へ児童福祉法の規定による認可外保育施設の届出をしていて、認可外保育施設指導監督基準を満たしている旨の    証明書が交付されている施設)
    • 認証保育所(認証保育所事業実施要項に基づく施設)
   都内の認可外保育施設・認証保育所の一覧は東京都のホームページでご覧になれます。なお、認可外保育施設の一覧に載っていない施設も補助
 の対象となる場合があります。認可外保育施設指導監督基準を満たしている旨の証明書の交付の有無については、利用したい認可外保育施設に
 ご確認ください。
 

申請に必要な書類

  1. 認可外保育利用者に対する補助金交付申請書
  2. 保育受託証明書

 なお、この補助金の交付を受けるためには、事前の補助金申請の手続きが必要となります。申請前にさかのぼって補助金の交付はできませんで、ご注意ください。
 また、補助金の交付は4か月ごとに年に3回(7月・11月・3月)を予定しております。

様式のダウンロード