保護者の方が病気、出産などでお子さんを養育できない時、養育協力員宅でお子さんを一時的にお預かりします。

対象者

市内に住所が有り、満2歳以上12歳以下(中学生は除く)の児童

保護者の要件

次のいずれかに該当する方で、児童の養育が一時的に困難な方

  1. 病気、負傷、または出産等で入院、加療、療養する時
  2. 親族の病気などでその看護、介護に当たる時
  3. 事故、災害にあった時
  4. 冠婚葬祭等に出席する時

利用期間

1回1泊2日から6泊7日以内

利用料

子ども一人一泊につき2,000円

お預かりする場所

市内養育協力員家庭宅

養育の内容

  1. 食事の提供そのほか身の回りの世話
  2. 学習の援助及び指導など
  3. 通学、通園の援助など

※その他お子さんにかかる医療費、通園、通学に要する交通費等も自己負担になります。

まずは、子ども家庭支援センターまでご相談いただくか、お問い合わせください。