全国各地で登下校時等における交通事故が相次いで発生していることをうけ、東大和市では、毎年合同点検を実施しています。令和2年度も点検を実施し、結果は以下のとおりです。
 令和2年度は、例年の合同点検と異なり、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、学校から提出された点検箇所において、関係者が揃っての現場確認は行わず、対策内容を検討した結果を踏まえて、関係者各自で現場確認を行いました。

点検期間

令和2年度中

点検場所

市内小学校全10校の通学路

参加者

学校、保護者等(スクールガードなどの地域の方も含みます)、東大和警察署、市土木課、教育委員会教育総務課

点検個所

学校が抽出した通学路の危険箇所(全41箇所)

点検結果

対策必要箇所

32箇所

※学校が抽出した通学路の危険箇所のうち対策が必要であると判断した箇所

対策済み箇所

29箇所

※対策必要箇所のうち対策済みとなっていない箇所については、対策を検討中もしくは対策を実施中であるが完了していない箇所