市内小・中学校におきましては、8月25日より2学期を開始いたします。

 市におきましては、「東大和市立小・中学校版感染症予防ガイドライン(新型コロナウイルス感染症)」を作成し、これまでも、各小・中学校において感染症対策に取り組んできたところではありますが、新学期を迎えるにあたり、これまで以上の感染対策を講じる中で、児童・生徒の学びを保障していくことが、極めて重要であると考えております。
 つきましては、学校における感染症対策の更なる徹底・強化に努め、学校の教育活動を進めてまいります。
 なお、今後、新型コロナウイルスの感染拡大などの状況の変化に伴い、対応を変更する場合もありますことを、ご了承ください。

1 市としての感染症に関する方策に基づき、各学校において感染症拡大防止対策を徹底した上で、教育活動を実施します。

2 児童・生徒の健康観察を実施するとともに、児童・生徒に咳、発熱、息苦しさなどの体調不良の症状が見られる場合は、登校を控えていただき、医療機関への受診を勧めます。なお、家庭内感染が多くなっていることから、同居の家族に同様の症状が見られる場合も、登校を控えるよう促します。

3 各学校において、3密の回避や換気の徹底など、校内の感染症対策を再確認します。

4 緊急事態宣言解除まで当面の間、保護者の方や市民の皆様を対象とする教育活動等への参観は控えさせていただきます。

5 児童・生徒の1人1台タブレット端末を活用した教育活動の推進を図ります。

6 感染不安や感染予防により登校できない児童・生徒に対しては、欠席扱いとはいたしません。児童・生徒の実態に応じて、オンラインを活用した学習支援や相談支援を行ってまいります。