令和2年10月1日から31日までの長期欠席を希望する方は、令和2年9月25日までに申請書を保育課へ提出してください。

 

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のための保育所等の長期欠席の特例について(令和2年7月20日)

保育所等については、日々、保育が必要な世帯が利用する施設であることから、傷病等の理由以外での長期欠席は、原則、認めておらず、一度、保育所等を退園していただくこととしておりますが、新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴い、(1)に該当する長期欠席については、当面の間、退園としない取り扱いとします。
 

(1)特例の対象となる長期欠席

新型コロナウイルス感染症の感染防止を目的とした保護者の判断による1か月以上の長期欠席

(2)対象児童

認可保育園、認定こども園(1号除く),地域型保育事業(小規模保育事業、家庭的保育事業等)に在籍する児童

(3)実施期間

当面の期間(ひと月ごとに感染状況等を踏まえ判断いたします。)
 

(4)手続き方法

➀「新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のための保育施設長期欠席の特例申出書」を保育課へご提出ください。
前月25日までに受理した場合、1月ごとに長期欠席を認めます。※郵送での受け付けも可能です。窓口に来庁の場合は、身分証明書をご持参ください。郵送の場合は、身分証明書の写しを添付してください。

➁在籍する保育所等にも、長期欠席する旨ご連絡ください。

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のための保育施設長期欠席の特例申出書はこちらからダウンロードできます。

(5)保育料の取扱い

特例による長期欠席の保育料の取扱いは、減免の対象とはなりません。