施設等利用費の請求手続について

 令和元年10月から開始した幼児教育・保育の無償化では、認可保育園・認定こども園や幼稚園などの基本保育料のほか、幼稚園・認定こども園の預かり保育の利用料、認可外保育施設等の利用料についても、上限額の範囲内で無償化されます。

 無償化の給付(施設等利用費といいます。)は代理受領と償還払いの2通りございます。

・代理受領とは、保護者の方は利用料から無償化給付分を引いた差額のみを園に支払っていただき、施設等利用費を市から園に毎月(原則)支払う方法となります。市内の私立幼稚園(新制度未移行園)の利用料は、代理受領を採用しています。

・償還払いとは、保護者が一旦園に利用料を全額支払いいただき、その後、保護者から市が請求書を受け取り、園から報告される支払状況等を確認したのち、半期ごとに保護者に施設等利用費をお支払いします。償還払いの対象となるのが、市外の一部の私立幼稚園(新制度未移行園)、幼稚園・認定こども園の預かり保育、認可外保育施設等の利用料となります。

 令和元年10月から開始された、幼児教育・保育の無償化制度に係る、当市における施設等利用費(償還払い)の請求手続をご案内します。

 

私立幼稚園(未移行園)の保育料及び幼稚園・認定こども園の預かり保育利用料の請求について

子育てのための施設等利用給付認定を受けている方で、施設等利用費の支払い方法が償還払いの私立幼稚園(未移行園)に通園されている方及び幼稚園・認知こども園の預かり保育を利用の方の、支払いまでの流れは下記フローのとおりとなります。

<支払いまでのフロー>

施設等利用給付認定の申請手続きについては、以下のページをご覧ください。

http://www.city.higashiyamato.lg.jp/index.cfm/33,101852,345,598,html

 

【請求に必要な書類】

施設等利用費請求書(幼稚園の保育料用)  記入例はこちら

施設等利用費請求書(預かり保育用) 記入例はこちら

債権者・納入者登録依頼書 記入例はこちら (初めて申請する方・住所の変更をされた方・登録している口座を変更される方等のみ)

・特定子ども・子育て支援提供証明書及び領収証

※特定子ども・子育て支援提供証明書及び領収証は、原則、幼稚園・認定こども園から市に提出いただくため、保護者の方からの提出は不要です。

※幼稚園が提供する預かり保育事業のほか、認可外保育施設等を利用した場合でも無償化の対象となる場合(※)については、認可外保育施設を利用した際の特定子ども・子育て支援提供証明書と領収証を預かり保育利用料の請求をする際に添付してください。
(※)在籍する幼稚園の預かり保育事業について、教育時間を含む平日の預かり保育の提供時間数が8時間未満又は年間(平日・長期休業中・休日の合計)開所日数が200日未満の場合のみです。基準を満たすかについては、施設所在地の区市町村のホームページでご確認ください。
 

【支払月・請求月】

年2回、前期分(4月~9月)、後期分(10月~3月)に分けて支給いたします。請求受付月及び支払月は下記のとおりです。

対象月

請求受付月 支払月

前期分(4月~9月)

9~10月 10月~11月

後期分(10月~3月)

2月~3月 5月~6月

※3月分について、幼稚園等から市に提出される領収証及び特定子ども・子育て支援提供証明書の提出が4月中旬以降となる場合、支払いが遅れる場合があります。

 

【請求方法】

請求月に市から在籍する園を経由し請求書等を配布いたします。

必要事項を記入し、在籍する園に、園が定める期限までに必要書類の提出をお願いします。
(園での取りまとめを行わない場合は、東大和市保育課に直接必要書類を提出してください。)

※平成31年度分の請求については、コロナウイルス感染症に伴う休園等を実施している施設もあるため、保護者に市から直接請求のご案内を送付しております。提出についても、直接市へ持参若しくは郵送をお願いいたします。

 

認可外保育施設等の利用料の請求について

子育てのための施設等利用給付認定を受けている方で、認可外保育施設等を利用されている方の支払いまでの流れは下記フローのとおりとなります。

<支払いまでのフロー>

施設等利用給付認定の申請手続きについては、以下のページをご覧ください。

http://www.city.higashiyamato.lg.jp/index.cfm/33,101852,345,598,html

 

【請求に必要な書類】

施設等利用費請求書(認可外用) 記入例

債権者・納入者登録依頼書 記入例 (初めて申請する方・住所の変更をされた方・登録している口座を変更される方等のみ)

特定子ども・子育て支援提供証明書兼領収証 記入例

※特定子ども・子育て支援提供証明書及び領収証については、施設が発行したもの、または、市の書式で施設から証明いただいたものを提出してください。

 

【支払月・請求月】

前期分(4月~9月)、後期分(10月~3月)を年2回に支給いたします。請求受付月及び支払月は下記のとおりです。

対象月

請求受付月 支払月

前期分(4月~9月)

9~10月 10月~11月

後期分(10月~3月)

2月~3月 5月~6月

 

【請求方法】

認証保育所、認可外保育施設を定期利用されている方は、請求月に市から請求書等を通知いたします。

必要事項を記入し、期限までに必要書類の提出を東大和市保育課までお願いします。

※一時預かり保育、病児病後児保育事業、ファミリーサポートセンター事業を利用し無償化の対象となる方は、市で利用者の把握をしていないため、市から請求書等の通知はいたしません。請求書等につきましては、ダウンロードいただくか、保育課まで来庁ください。