本文へ移動

東大和市

東大和市内の施設情報

令和2年度高齢者インフルエンザ予防接種

 市では、令和2年度の高齢者のインフルエンザ予防接種費用の助成を行います。対象となる方には、9月下旬にはがきでお知らせしますので、接種を希望される方は、インフルエンザが流行する前の時期に予防接種を受けてください。なお、令和2年11月1日から令和3年1月31日までの間に65歳になられる方は、65歳になる前月末にご案内のはがきをお送りいたします。

※今年度のワクチンは、A/Guangdong-Maonan(広東-茂南)、A/HongKong(香港)、B/Phuket(プーケット)、B/Victoria(ビクトリア)系統の4株が使用されています。

対象者

  1. 接種当日65歳以上の方
  2. 接種当日60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器等に障害者手帳1級程度の重い病気のある方
    ※2の方は、お知らせのはがきと障害者手帳の写しを医療機関にお持ちください。

期間

令和2年10月1日(木曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで

接種回数

1回  

費用

※今年度に限り自己負担はありません。


※対象年齢以外の方及び期間外の接種、指定医療機関以外での接種は、全額自己負担となりますのでご注意ください。
※補助は1年に1回限りとなります。
※生活保護受給者及び、中国残留邦人等支援給付受給者の方は、受給証明書をお持ちください。

医療機関

実施医療機関一覧.pdf [ 95 KB pdfファイル]

※接種を希望される場合、事前に医療機関に予約をし、健康保険証をご持参のうえ接種してください。
※入院中、施設入所されている方等で、市外接種を希望される場合、あらかじめ市立保健センターにお問い合わせください。

 

予防・啓発の取組

専用ホームページ「今冬のインフルエンザ総合対策を開設」

厚生労働省のホームページに、インフルエンザに関する情報等を掲載した専用のページ「今冬のインフルエンザ総合対策」を開設しました。

「インフルエンザ(総合ページ)」

 

インフルエンザQ&Aの作成・公表等

厚生労働省と国立感染症研究所感染症疫学センター、日本医師会感染症危機管理対策室は、毎年インフルエンザの流行シーズンに寄せられる質問項目の中で、頻度の高いものを整理し、これらをQ&Aにまとめ、「今冬のインフルエンザ総合対策」ページで公表しています。

「インフルエンザQ&A(令和2年度)」

 

相談窓口の設置

厚生労働省は、インフルエンザを始めとした感染症の一般的予防方法、流行状況や予防接種の意義、有効性、副反応等に関する市民の皆様の疑問に的確に対応するため、「感染症・予防接種相談窓口」を開設しました。具体的な対応は以下のとおりです。

 

「感染症・予防接種相談窓口」

電話番号:03-5276-9337(午前9時~午後5時 ※土日祝日を除く。)

※行政に関するご意見、ご質問は受け付けておりません。

※本相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間会社により運営されています。

 
       戻る  ページの先頭