平成30年7月以降、特に関東地方において風しんの患者数が増加しており、患者の中心は30代から50代の男性が占めています。

このうち昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、これまで公的な風しんの予防接種を受ける機会がなかった世代で、抗体保有率を見ても、女性や他の世代の男性が約90%であるのに対し、この世代の男性は約80%と低くなっております。

国が、令和4年3月31日までの時限措置として、風しんの追加的対策により、風しん抗体検査と定期予防接種(麻しん・風しん混合ワクチン)を行うことを決定し、市が実施いたしますので、この機会にご自身の風しん抗体を確認し、風しんの抗体が不十分な場合には、予防接種をお勧めいたします。

対象者

東大和市民で、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性

このうち昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性については、無料で抗体検査が受けられるクーポンを令和元年5月末以降にお送りいたします。

なお、昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性については、国が通知時期を決めておりませんが、ご希望がある場合には市立保健センターまでご連絡くださるようお願いいたします。

実施期間

平成31年4月1日(月曜日)から令和4年3月31日(土曜日)まで 
昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に送付しましたクーポン券の有効期限は、令和2年3月31日までです。なお、ご都合により、有効期限までに検査が出来ず、令和4年3月31日までに実施する場合は、再発行ができますので、検査、検査結果、予防接種の実施までの期間を考慮し、お早めに東大和市立保健センターにご連絡ください。

抗体検査の実施方法 クーポン券(抗体検査券)により無料で受けられます。

(1) 医療機関で受ける場合

 全国の受託医療機関で受けられます。受託医療機関は厚生労働省HP風しんの追加的対策でご確認ください。

 なお、東大和市内の実施医療機関は東大和市内の風しん抗体検査及び予防接種受託医療機関をご覧ください。

(2) 国民健康保険加入者は、特定健診の機会にクーポン券を持参することにより、同時に検査することが出来ます。(特定健診を受ける医療機関が、抗体検査の受託医療機関かをご確認ください。)

(3) 勤務先の定期健康診断時に、クーポンを持参することにより抗体検査をすることが出来ます。(抗体検査が可能かどうかは勤務先にお尋ねください。)

※ 平成26年4月1日以降に実施した風しん抗体検査の結果をお持ちで、低抗体価であることが確認できる方は、結果を持参いただければ抗体検査をせずに予防接種が受けられます。

持参するもの  

・クーポン券(抗体検査券)台紙からシールをはがさずにそのままお持ちください。

・住所、氏名、生年月日を証明できるものをお持ちください。(例:免許証、健康保険証など)

抗体検査結果

(1)の場合 後日結果を聞きに行く場合と結果が郵送される場合があります。検査実施医療機関でお尋ねください。

(2)の場合 特定健診の結果とともに対面でお知らせいたします。

(3)の場合 健康診断の結果とともに送付されます。勤務先にご確認ください。

予防接種(風しんの抗体が、低抗体価だった場合には、クーポン券(予防接種券)により無料で受けられます。

・接種ワクチン 麻しん・風しん混合ワクチン  接種回数 1回

※低抗体価とは、HI法でHI抗体価8倍以下 EIA法でEIA価6.0未満又は国際単位151U/㎖未満 相当

・実施医療機関 全国の受託医療機関で受けられます。受託医療機関は厚生労働省HP風しんの追加的対策でご確認ください。

持参するもの

・風しん抗体検査の結果(抗体検査受診票、又は平成26年4月1日以降に受けた検査結果)

・クーポン券(予防接種券)台紙からシールをはがさずにそのままお持ちください。

・住所、氏名、生年月日を証明できるもの。(例:免許証、健康保険証など)

注意事項

  • 東大和市から転出した場合は、転出日当日から東大和市が発行したクーポンは使えません。引っ越し先の区市町村でクーポン券の発行を受けてください。
  • 抗体検査終了後、予防接種をする前に転出をされますと東大和市のクーポンは使えません。引っ越し先の区市町村でクーポンの発行を受けてから、抗体検査の受診結果を持参し受託医療機関で予防接種を受けてください。
  • 既に自己負担で実施した、抗体検査費用の助成は行っておりません。

 風しんと先天性風しん症候群について

  • 風しんは、発熱、発疹、リンパ節の腫れなどを特徴とする病気です。
  • 風しんウイルスによる感染症で、咳やくしゃみなどの飛まつで感染します。
  • 特効薬はなく、症状を抑えるための治療が中心となります。
  • 風しんに対する免疫を持たない女性が、妊娠中に風しんに感染した場合は、胎児が先天性風しん症候群という病気で、心疾患や難聴、白内障になることがあり、特に注意が必要です。

風しんについて(東京都感染症情報センターホームページ)

風しんと先天性風しん症候群について(国立感染症研究所ホームページ)