がんは日本人の死因の第1位となっており、男女ともに死亡数・罹患数※₁は年々増加し続けています。

※₁罹患:病気にかかること

 

がんは他人事ではありません。誰もがかかる可能性のある身近な病気です。

日本人の約2人に1人はがんにかかると言われています。

がんは不治の病ではありません。早期発見・早期治療で生存率は高まります。

早期のがんは自覚症状がほとんどありません。症状がなくても、定期的にがん検診を受けることが大切です。

 

予防について

がんを予防するには、食生活、運動、喫煙、飲酒、休養などの生活習慣を見直すとともに、定期的にがん検診を受けることが大切です。積極的にがん検診を受けましょう。

 

がんを防ぐための新12か条
  1. たばこは吸わない
  2. 他人のたばこの煙をできるだけ避ける
  3. お酒はほどほどに
  4. バランスのとれた食生活を
  5. 塩辛い食品は控えめに
  6. 野菜や果物は豊富に
  7. 適度に運動
  8. 適切な体重維持
  9. ウイルスや細菌の感染予防と治療
  10. 定期的ながん検診を
  11. 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
  12. 正しいがん情報で、がんを知ることから

リンク先

がんは部位によって、治療方法や診断方法が異なります。

 がんについて知る・学ぶ
 病院を探す

 もしも、がんと言われたら
 ご家族、まわりの方へ

 

地域のがん相談支援センター(がん診療連携拠点病院)

 がんに関するご相談をお受けしています。診断や治療の判断をすることはいたしませんが、各担当者が話を伺い、専門のスタッフと連携をとりながら、患者さん、ご家族、地域の皆さんの悩みを解決するお手伝いをします。

 

 病気のこと、治療の副作用のこと、今後の過ごし方など、不安に思っていることや悩んでいることはありませんか?

 専門のがん相談員が患者さんやご家族のがんに関する不安や疑問についてのご相談をお受けします。