対象者

生後2か月~5歳未満

接種回数・方法

接種開始月齢によって、接種回数が異なります。

  • 生後2か月~7か月になる前日までに開始:4回接種
    • 初回接種:27日以上の間隔で3回接種(24か月になる前日まで)
      ※初回2回目の接種が生後12か月を超えた場合は、初回3回目の接種は行わずに、追加接種を実施
    • 追加接種:1歳以上かつ初回終了後60日以上あけて1回接種
  • 生後7か月~12か月になる前日までに開始:3回接種
    • 初回接種:27日以上の間隔で2回接種(24か月になる前日まで)
    • 追加接種:1歳以上かつ初回接種終了後60日以上あけて1回接種
  • 1歳~2歳の誕生日の前日までに開始:2回接種(初回終了後60日以上あける)
  • 2歳~5歳の誕生日の前日までに開始:1回接種

実施場所

指定の予防接種実施医療機関

※実施時間や予約等については各医療機関にお問い合わせください。   

病気の説明(肺炎球菌と乳幼児の細菌性髄膜炎)

  肺炎球菌は、細菌による子どもの感染症の二大原因の一つです。健康な人であっても、鼻やのどにみられるありふれた細菌で、子どもの多くが鼻の奥に保菌しています。何事もなく消えてしまうことも多いですが、時に重い感染症を引き起こすことがあり、肺炎、中耳炎、敗血症、細菌性髄膜炎が問題となります。病原性が強く、免疫力の未発達な小さな子どもがかかることが多く、肺炎球菌による「細菌性髄膜炎」のほぼ半数を5歳までの子どもが、更にそのうち半数は0歳児が占めています。また、症状の進行が速く、重症度も高いことから、世界的にも乳幼児及び小児における罹患及び死亡の主な原因となっています。肺炎球菌による「細菌性髄膜炎」はヒブ(Hib)による「細菌性髄膜炎」より、死亡や後遺症が残る割合が高いので、ワクチン接種による予防が重要になります。

 ※髄膜炎
 身体の最も大切な部分ともいえる脳や脊髄を包んでいる膜を髄膜といいます。この髄膜に細菌やウイルスが感染して炎症が起こる病気を「髄膜炎」といいます。髄膜炎には、細菌が原因の「細菌性髄膜炎」と細菌以外(ウイルス等)が原因の「無菌性髄膜炎」がありますが、「細菌性髄膜炎」は、治療後の経過が悪く、後遺症が残ったり死亡したりすることがあります。「細菌性髄膜炎」の初期症状は、発熱や嘔吐、不機嫌、けいれん等で、風邪などの他の病気の症状と似ているため、早い段階で診断することが、とても難しい病気です。

小児の肺炎球菌感染症ワクチン 

 子どもで重い病気を起こしやすい13の血清型について、子どもの細菌性髄膜炎等を予防するようにつくられたのが小児の肺炎球菌ワクチン(13価肺炎球菌結合型ワクチン)です。このワクチンは2000年にアメリカでまず7価ワクチンとして接種が開始され、2010年から13価ワクチンに切り替えられました。現在では、100か国以上で13価ワクチンが標準的に使用されています。このワクチンを接種することで細菌性髄膜炎や菌血症を激減することが多く国から報告されています。日本でも、平成25年11月から13価ワクチンを接種できるようになりました。

副反応

  小児の肺炎球菌感染症予防ワクチンの接種後に、他のワクチン接種と同様に副反応がみられますが、通常は一時的なもので数日で消失します。最も多くみられるのは、接種部位の発赤(赤み)(67.8~74.4%)、腫脹(はれ)(47.2~57.1%)、全身反応として主なものは発熱(37.5度以上)で32.9~50.7%などが認められています。また、重い副反応として、非常にまれですが、海外では、ショック・アナフィラキシー様症状(通常接種後30分以内に出現する呼吸困難や全身性のじんましんなどを伴う重いアレルギー反応のこと)、けいれん(熱性けいれんを含む)などの副反応が報告されています。これらの症状が認められたり、疑われた場合は、すぐに医師に申し出てください。

 

参考

子どもの定期予防接種