民生委員・児童委員は、厚生労働大臣から委嘱をされた非常勤の地方公務員であり、地域福祉の推進のために活動を行っています。

東大和市には56名の民生委員・児童委員と4名の主任児童委員がいます。皆さんのプライバシーを守り、常に住民の立場に立って相談に応じ援助を行い、必要に応じて関係機関と連携を図り支援を行います。どうぞ、お気軽にご相談ください。

平成25年度は、3年に一度の一斉改選が行われ、12月1日付で60名の方々が、厚生労働大臣から委嘱されました。新しい名簿を掲載します。

ご相談を希望される方は、お手数ですが、福祉推進課庶務係までお問い合わせください。
 

民生委員・児童委員はこのような活動をしています

  • 社会福祉のアンテナとして
     生活上のいろいろな問題を抱えていたり悩みや要望などがありましたら、ご相談ください。
     
  • パイプ役として
     市民のニーズに対応した福祉サービスの提供などについて、行政や関係機関と連携・相談を行うパイプ役となります。
     
  • 地域福祉の代弁者として
     活動を通じて得た問題点や改善点について、必要に応じて関係機関等に意見を届けるよう努めます。
     
  • 告知板として
     福祉サービスの情報をお知らせし、多くの人がより良い制度を利用できるように努めます。
     
  • 高齢者の皆さんには
     ひとり暮らしや寝たきりの高齢者の方を見守り、相談を受け、支援します。
     
  • 生活にお困りの方
     生活費・医療費・教育費など、お困りの方の相談をお受けします。
     
  • 子どものこと
     安心して子育てが出来るようにお手伝いします。子育ての不安や、ひとり親家庭等の方の福祉に関する相談や援助をします。

主任児童委員はこのような活動をしています

 主任児童委員は、児童福祉に関する事項を専門的に担当し、児童福祉関係機関と区域を担当する児童委員との連絡・調整を行うとともに、区域を担当する児童委員の活動に対して援助・協力を行います。