本文へ移動

東大和市

東大和市内の施設情報

障害者を虐待から守りましょう!~障害者虐待防止対策事業

みんなで防ごう 障害者虐待

 障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(障害者虐待防止法)が平成24年10月1日に施行されたことに伴い、市では、障害福祉課に障害者虐待防止センターを設置して、障害者虐待防止対策事業に取り組みます。
 障害者虐待防止センターでは、(1)虐待の通報や届出の受理(2)虐待についての相談・指導・助言 (3)虐待防止のための広報啓発を行います。虐待の通報や届出があった場合、市では、事実確認や一時保護、居室確保、立入調査、障害者や養護者への支援などを行います。

 虐待防止イラスト

障害者虐待とは

 虐待は様々な場所で起きています。障害者虐待防止法では、虐待の起こる場所を3つに分類しています。

  1. 養護者(家族・同居者等)による虐待:主に家庭内での虐待です。
  2. 障害者福祉施設従事者等による虐待:入所施設または障害福祉サービス事業所に係る業務に従事する者からの虐待です。
  3. 使用者による虐待:障害者を雇用する事業主や事業所の労働者からの虐待です。

虐待の類型 

 以下のようなことが虐待になります。

  • 身体的虐待:殴る・蹴る・縛りつける等、傷や痛みを負わせる暴行を加える。
  • 心理的虐待:怒鳴る・悪口を言う・わざと無視する等、精神的な苦痛を与える。
  • 性的虐待:裸にする・性交等、障害者にむりやりわいせつなことをしたり、させたりする。
  • 放棄・放任(ネグレクト):十分な食事を与えない・必要な医療を受けさせない等、世話や介助をせず心身を衰弱させる。
  • 経済的虐待:本人の同意なしに、本人の年金や賃金を与えない・本人の預貯金をかってに使ってしまう。  

障害者虐待をなくすために 

  • 障害者やその家族を孤立させないようにしましょう。地域で見守ることにより、虐待の防止や早期発見につながります。
  • 虐待または虐待の疑いを発見したら、速やかに通報しましょう。障害者虐待防止法では通報の義務があります。なお、通報した人の個人情報は守られますので、安心してください。
    また、誤報であっても罰せられることはありません。

虐待かな…と思ったら 

 虐待もしくは虐待の疑いがあると思われた場合には、障害者虐待防止センター(市役所障害福祉課内)へ通報をしてください。障害者虐待の通報・届出があった場合には、障害者虐待防止センターにおいて緊急性の有無を判断します。
 緊急性が高いと判断した時は、障害者の安全確保を最優先に迅速に対応します。

※令和2年度から、障害者虐待の通報・届出については、障害者虐待防止センター(市役所障害福祉課内)以外に、総合福祉センターは~とふる及び地域生活支援センターウエルカムでも受け付けます。
 総合福祉センターは~とふる 電話:042-516-3982 FAX:042-516-3984
 地域生活支援センターウエルカム 電話:042-564-0891 FAX:042-564-3680(社会福祉協議会) 

 「虐待してしまうかも…」「虐待し-て--しまっている…」このようなお悩みをお持ちの方は、障害者虐待防止センターまでご相談ください。
 虐待のサインの目安として障害者虐待発見チェックリスト [128KB pdfファイル] を参考にご利用ください。

 

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

お問い合わせ

  東大和市障害者虐待防止センター(障害福祉課内)

 電話:042-563-2111(内線1123) ファックス:042-563-5928

 Email:shogaifukushi@city.higashiyamato.lg.jp 

       戻る  ページの先頭